★紅花が咲き誇る長福壽寺の境内

長福寿寺
   奈良・平安時代に上総は紅花の一大産地であった

平安時代の『延喜式』という本には諸国の納入すべき物産が書かれており、上総の国からは中央政府へ税金の一種として紅花が納められていたことがわかります。

上総の国のどこかとまではわかりませんが、現在の長生郡長南町では町おこしの一環として紅花祭を開催しています。
久しぶりに暇ができたので、車で40分、花を見に、祭り会場の長福寿寺へ出かけました。

長福寿寺は通称で、お寺の看板によれば日本一長い勅語号を持つお寺だそうです。
   『三途河頭極楽東門蓮華台上阿弥陀坊大平埜山本実成院長福寿寺』
まぁ読めませんね。漢字四文字ずつを区切って読めば、何とか読めるでしょう。
  さんずがとう/ごくらくとうもん/れんげだいじょう/あみだぼう/たいへいやさん/
  ほんじつじょういん/ちょうふくじゅじ―――と読む天台宗の古刹です。

戦国時代末期、この地を治めていた長南氏が攻め滅ぼされ東北に逃れ、そこで長南の遺民たちによって紅花が栽培され、江戸時代には東北が一大産地になりました。

私的なことですが、仙台松島湾の寒風沢(さぶさわ)島に従兄が暮らしています。
亡くなった伯母は旧姓が長南で、長南姓はめずらしくないそうです。
この島の高台に、長南氏の顕彰碑があることから察すると、上総を落ちのびた長南氏は波穏やかな寒風沢島に上陸し、そこから東北各地に散ったものと思われます。

紅花の花だけを摘んで花弁を洗い、発酵させて臼でつき、団子状に丸めてから延ばして天日干しすると「紅餅」という商品の完成です。
これを日本海の千石船を使って敦賀に運び、なんだかんだで京大阪の商人に届き、紅花染めやお化粧用品や薬になりました。

紅花の先端の花だけを摘むので、別名が「末摘花」。
末摘花といえば「源氏物語」にでてくるきわめて個性的な女性が思い浮かびます。
鼻が異様に高く、ぶつぶつ穴があり、鼻先が赤い。だから末摘花なのでしょう。
ブスで琴の腕前も和歌もその文字さばきもイマイチで、落ちぶれた貧乏宮家の娘です。
しかもファッションセンスが一昔前のバブリー時代のものというヒドイ書かれ方です。

しかし、光源氏はその控えめで、ひたむきな優しい性格を愛します。
プレーボーイ光源氏もいいとこあるじゃんと思ったものです。

末摘花を知ったのは古代の海外貿易のことを調べている時で、
菅原道真の建議で遣唐使が廃止され、海外の文物の流入が止まりました。いわば鎖国です。
末摘花がまとっていたのはクロテンのショールで、それはシベリア地方の動物の毛皮です。
宮家がまだ豊かであり、海外貿易が盛んだったころの名残です。

精一杯着飾った姿に光源氏は興ざめしますが、その心根(こころね)に感じるところがあったのでしょう。
昨今のプレーボーイタレントの行状や、政府高官や政治家のウソ八百にウンザリしています。
紅花を見るたびに、末摘花を捨てなかった光源氏を思い浮かべます。


 
 
スポンサーサイト

★スズムシ誕生

スズムシ
   生まれたては真っ白。本体3mmひげ6mmぐらい。木炭の上に乗っている。

毎年、スズムシを育てています。
誕生日はだいたい6月4日、六ム四シの日と覚えておくと忘れません。
そこ頃から毎日点検し、今年は6月8日でした。少し誕生が遅れました。

誕生に気付かず、エサがなくとも、そう心配はいりません。
小さい体ですし、自分の抜け殻を食べて生き延びるので、生後3日ぐらいは平気です。
それでも足りなければ共食いをして強い者が生き延びます。
次々とわんさか生まれてくるので、共食いで全滅などありえません。

とはいっても、それは過酷で気の毒ですから、朝一番でスズムシのエサを買いに行きました。
市販のエサでなくとも煮干しや削り節を与えておけば大丈夫ですが、市販のエサの方が扱いやすくて便利です。

これからが虫の世話で、大変といえば大変ですが、楽しみといえば楽しみです。
だんだん成長していく姿を見るのは虫でもうれしいものです。

主食は市販のスズムシのエサ。
水分補給はスイカの皮やキュウリやナスのスライス。
ナスの方が日持ちがするし、スズムシも好みます。
サツマイモ、ニンジン、カボチャなど余った野菜の切れ端なんかでも食べます。
時々、霧吹きでケース内の湿度を調節します。スズムシどもはワーッ雨だ雨だと逃げ惑うのもおかしく、かわいい。

最も気を遣うのはケース内のあれこれがカビること。
エサやナスなどは小皿にのせる、楊枝で刺すなどしてマットに直接触れないようにします。
食べ残しを放置せず、撤去すればさほどカビを心配することはありません。

日本人は昔から鳴く虫が好きだったようで、万葉集や源氏物語にも登場します。
世界中、多くの地域で鳴く虫がいるはずですが、虫の音に気付かない民族が多いそうです。
小川のせせらぎ、風の音、波の音、そして虫の音などは脳内で雑音として処理され、聞こえていてもやがてホワイトノイズになって、気にならないのだと言います。
たしかに、南方地域で虫の音がすさまじければ雑音にちがいありません。

それに対して日本人はそれらの音を脳の言語野で処理するために敏感で、多くの擬態語、擬音語が存在します。
ところが、海外育ちの日本人は外国人と同じようになってしまうそうですから、生物学的特性ではなく文化的な環境に由来すると考えられています。
その決定的な違いは、日本語が母音終止という特徴にあるといいます。

strike  という単語は1音節ですが日本語では5音節になります。
母音終止のポリネシアのある民族は虫の音を聞き分けるとか。

ウソか本当か知りませんが、学者さんも大変ですね
それはそうとして、もしスズムシを飼ってみたいという人がいたらご連絡ください。
いくらでもお分けいたします。


 

★タチアオイ(立葵)は梅雨の花

タチアオイ
     花の色は色々だが、濃い色はそれはそれで素敵だ

例年、梅雨入り時に花茎の下の方から咲きだし、順次、上の花が咲き、最上部の花が咲くころが梅雨明けだと言われ、実際、そのような年もありました。
今年の梅雨入り宣言はまだなく、タチアオイは待ちきれずに、もう満開の花もあります。

この花の名前がタチアオイだと知ったのは十数年前ですが、少し違和感がありました。
というのも、わたしの知っていたタチアオイ(立葵)は徳川四天王の一人、本多忠勝の紋所。
  本多立葵 本多立葵紋

いすみ市の隣、大多喜町は忠勝が築いた城下町で、街には立葵の旗がひらめいています。
徳川一門の三つ葉葵や本多家の立葵のデザインは、京都の葵祭と同じくフタバアオイ(二葉葵)をデザインしたもので、タチアオイではありません。

ところがタチアオイは昔から花葵ともいうそうで、この花を葵と称しても良いようです。
茨城県水戸のサッカーチームはクラブ名が 「ホーリーホック HollyHock」 です。
クラブのHPによれば、“ホーリーホックは英語で「葵(タチアオイ)」を意味し、水戸徳川家の家紋の葵から採られた”そうです。
つまり、ここではフタバアオイとタチアオイが混同されています。

フタバアオイは山野の下草で、花は非常に地味ですから、くろうと好み。
花葵、つまりタチアオイは華やかで明るい花なので、こちらの方が人気が出てきています。
これからはアオイといえばタチアオイを指すように なるのかもしれません。

明治安田生命による人気の名前ランキングによれば男女とも葵がベスト10入りしました。
男子が9位、女子がなんと1位。(2016年)
親御さんは はたしてどちらの葵をイメージして名付けたのでしょうか。



 

★スイカズラの花

 スイカズラ
    いつもの散歩道で

何有荘周辺は緑が多く、生垣も他地区で多い槙(マキ)の塀ではなく、ネズミモチやトベラなど常緑樹の生垣多いのが特徴です。
その生垣の隙間にはスイカズラが混ざっています。つまりスイカズラを見る機会は多々あります。

スイカズラは「吸い蔓」であり、花の付け根に蜜があり、その蜜を昔の人は甘味料代わりにしたのだとか。蜜を吸う蔓だからスイカズラと命名。
英語名がハニーサックルというのも同じ理由でしょう。

手元のハーブ図鑑にはハニーサックルとしてスイカズラが載っています。
この両者は近縁種ですが厳密には違うものです。
スイカズラは常緑ですが、ハニーサックルは落葉樹です。

花の色もちょっとちがう。ハニーサックルはピンク系です。
スイカズラは画像のように金銀の二色。金銀花と言います。
以前、松島の瑞巌寺に行ったとき、庭に金銀木が植えられていました。
こちらはヒョウタンボクという別物ですが、花が白→黄に変化するのはスイカズラと同じです。
金銀花と金銀木、まぎらわしい命名ですね。

スイカズラは常緑だからこそ生垣にも採用されているわけで、その点に注目して「忍冬 ニンドウ」 という別名があります。
冬の寒さを耐え忍ぶという命名は、逆境にもめげずに頑張るという日本人好みの名前です。
そんな名前にひかれてフェンスに這わせたことがあります。
ところが生育旺盛でジャングル化して始末に困り、やむえず削除してしまいました。

ツタ植物ですから、スイカラというのが正式なのでしょう。しかし最近はスイカラという表記があたりまえらしい。
そんなことは、まぁ気に入らないけど、どうでもいい。

それより面白いのは、スイカズラ(忍冬)なんて朝から晩まで働いていたころは見たことがなかったのに、それをデザインした絵柄は昔から知っていました。
それは、ドロボーさんの必須アイテム・唐草模様の大風呂敷。

唐草模様はエジプト発祥でギリシャローマに伝わり、シルクロードを通して日本まで伝わりました。
仏教とともに日本に入り、葡萄唐草文様や忍冬唐草文様が有名です。
奈良・薬師寺の聖観音菩薩の光背の文様が忍冬唐草文様だそうで、そういわれれば少し葡萄唐草文様と違います。
もっとも、そんなことを気にするのは専門家だけでしょう。

常緑のスイカズラをどうデザインするのか、あえて花を省き、伸びるツル部分だけを無限拡大したデザインの能力に感心します。
ドロボーさんの唐草文様は江戸時代にさらに進化し、今では原型が忍冬唐草文様だとは気づく人はあまりいないでしょう。
それでも、日本人ならば誰でも知っているあの模様のオリジナルがスイカズラだと知ると、スイカズラって偉いなぁと親しみがわきます。

      蔓唐草文様 ツタ唐草文様 奈良時代



 
 

★紫色のホタルブクロ

ホタルブクロ
   庭のホタルブクロは白花が先行し、紫色のはやや遅れて花が咲

この近辺には未利用の空き地が多く、そんな場所にはホタルブクロも自生しています。
もっとも、環境美化の名目の下、草刈り機で刈られてしまうことが多い。

庭の白花ホタルブクロはそんな野生のものを救出して移植したもので、紫色のは知人から分けていただき植栽したものです。
ホタルが舞う季節になると咲く花で、昔の子どもらは捕らえた蛍をこの花に閉じ込めてほのかな灯りを楽しんだのでホタルブクロというらしい。
優雅な名前だと思います。

なんとなくホタルの光には心が奪われる怪しい引力があります。
死んだ人の霊魂が蛍の光になって飛んでいる――そんな雰囲気をわたしも少しは感じます。
野坂昭如の「火垂るの墓」は題名からして、主人公が死ぬことが暗示されています。
野坂にとって、ホタルは死んだ妹さんの化身だと思えることでしょう。

日本書紀によると、アマテラス一派の日本侵略(天孫降臨)はそう簡単ではなかったことが語られています。
この列島はわが子孫が永久に治める国だと宣言し、先遣隊を派遣したのに逃げ帰ってきました。

――「あの葦原中国は、蛍火のように光り輝くたくさんの神々、また蠅が騒ぐような悪しき神々がおり、また草木ことごとくによくもの言いいます」――

金属器と稲作を経済原理とするアマテラス一派にとって、縄文人が生きてきた日本列島は悪しき神々が住む恐ろしい場所に見えたようです。
ホタルは悪しき神々(縄文人)の生命力の象徴のような扱い方がみてとれます。
うっそうたる森林も戦乱の続いた大陸からの侵略者にとっては不気味だったのでしょう。

たぶん仏教の進展にともなってだと思います。ホタルの光は悪しき神々の象徴から死者の魂の象徴へと変化していきます。
平家ホタル、源氏ホタルといういい方も輪廻転生、諸行無常を現代人にも伝えています。
悪しきものから懐かしきものへとの価値の変換が起きました。

それはそうと、ホタルにはもう一つ思い出があります。
若いころ、丹沢山塊の鍋割山に泊まりました。
山荘のご主人から丹沢には山の中に光輝くホタルがいると教えられました。
実際その通りで、驚き、得した気分になったものです。

後になって調べたことですが、川辺のホタルよりも山のホタルの方が多数派なのだとか。
人口の九割以上が農民だった時代には、山のホタルなど眼中になかった、知る意味のない知識だったのでしょう。山で暮らす人以外はその事実を誰も知りませんでした。
丹沢のその山稜にホタルブクロが咲いていたかどうか、まったく覚えていません。