FC2ブログ

★浦島太郎と冬の星座オリオンとスバル

TKY200912010254[1]
  オリオンに立ち向かう牡牛の肩の部分がスバル星   画像元 

浦島太郎は単なる日本昔話ではありません。オリジナルは通説とちょっと異なります。
『日本書記』(720年)によれば雄略22年のこととして、浦島が亀に出会い海の向こうの仙界へ行ったと載っています。つまり歴史的事実扱い。「詳しくは別巻にて」とありますが残念ながら別巻は伝わっていません。
鎌倉時代初期(1195年頃)の歴史物語『水鏡』に浦島のその後の話が載っています。
天長2年(825年)のこととして、“今年、浦嶋の子は帰りしなり。…(中略)…雄略天皇の御世に失せて、今年三百四十七年といひしに帰りたりしなり。”
ここでも浦島は歴史的事実扱いです。天長2年の347年前は、雄略22年、西暦478年ですね。

『水鏡』と同じころに成立した『釈日本紀』には「丹後の国の風土記に曰はく」として雄略時代の浦島伝説が少し詳しく載っています。
――浦島は三日三晩の漁でも全くの不漁だったが最後に五色の亀を得た。寝ている間にこの亀は見目麗しい姫と変身し、共に海のかなたの竜宮城へ行く。“門を開きて内に入りき。すなわち七たりの竪子(童子)来て、相語らひて、「是は亀比売の夫なり」といひき”―――とあります。
竜宮城の門で待たされていた時、7人の童子が出迎え亀姫様の夫だとはしゃぐのですね。ついで8人の童子も同様に語りはしゃぎます。
そして、この7人の童子が昴(スバル)で8人の童子が畢(アメフリ)だとあります。
昴や畢は古代中国の天体用語ですが、8世紀の段階で訓読み和名が成立していたようです。

このスバルやアメフリが上記画像で確認できます。
オリオンの三ツ星をやや右上に伸ばすと赤く輝く星(おうし座アルデバラン)が見つかります。さらにその先を少し延長するとぼんやりとした星の集団が見つかります。これがスバルで、自動車スバルのエンブレムになっています。
スバルがプレアデス星団、アメフリがヒアデス星団。どちらもギリシャ神話由来の名前で、巨神アトラスの娘たちという設定です。
ヒアデス星団はあまり有名ではないし、明瞭な星団でもありませんが、おうし座の頭、アルデバラン周辺のV字型の部分です。別和名は釣り針星。こちらの名前の方がわかりやすい。

さて、スバルとアメフリは竜宮城の門で浦島を出迎えました。では本丸御殿はどこでしょう。
オリオンンのややゆがんだ四角が御殿で中央の三ツ星が神様の本体だと思います。
その神様は大阪(摂津)の住吉神社の神様。
底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の三神で海の神様です。。筒(つつ)とは古代語で星のこと。
この季節、東の海からオリオンの三ツ星が一直線に並んで順に姿を現します。初めに表筒男、ついで中筒男、そして底筒男。古代海洋漁労民にとって三ツ星は真東から昇り、真西に沈む重要で神聖な星でした。

いすみ市は太平洋に面しウミガメの上陸地でもあります。そして星座が美しく輝く土地柄です。
冬の星座を見ていると、洋の東西、物語は違っても注目する星は同じなのだなと思います。
そして昔の人が夜空の星を見ながら様々なことを思い、それを書き残してくれたことをうれしく思います。
豊かな想像力は人類の遺産として、現代に生きる私たちにも想像の翼を広げさせてくれます。

今日から小寒。そして大寒へ。最も寒さ厳しき頃ですが、暖かい格好をしてオリオンとスバルを眺め、浦島がたどった仙界(竜宮城)に思いを馳せてみませんか。


 
スポンサーサイト



★今晩(9/14)が真円、満月といえそうだ

14日の月
   昨夜は雲の合間の十五夜でしたが今晩(9/14)はよく見える

昨夜(13日)が十五夜。その日の「チコちゃんに叱られる」ではなぜ月にウサギか、ボーっと生きてんじゃねーよと叫んでいましたが、その答えには疑義があります。
番組では典拠を仏典、シャカの前世の物語としていましたが、中国古典に求めるべきでしょう。

金烏玉兎(きんうぎょくと)という単語があります。
古代中国では太陽には三本足のカラスが住み、月にはウサギが住むと信じられました。
太陽に三本足の烏は日本サッカーのシンボルマークになりました。

月にウサギがいる理由は長い話ですから省略しますが、ウサギが搗いているのは餅ではなく、本来は不老不死の妙薬でした。月は不老不死の象徴です。
蛇足ですが、その傍には良い香りのする木がありました。良い香りのする木が桂樹であり、月に育つのが月桂樹。ローレルが東洋に紹介されたとき、これはなんだ、まるで月桂樹ではないかと賞されて月桂樹と名付けられました。

中国の月面探査について日本のマスコミはあまり報道しませんが、中国の無人月面探査機の名前は「玉兎」。月のウサギで、伝統を踏まえています。

日本の天皇の礼服には左肩に金烏、右肩に玉兎の刺繍が施されていました。金烏玉兎が日本でも上流階級に親しまれていたものが、やがて庶民の間に流出して「月でウサギが餅を搗く」と変容したものです。

ところで十五夜とは旧暦の9月15日の晩で満月、中秋の名月と賞されます。
ところが、実際には月の満ち欠けと旧暦とは微妙なズレがあります。
十五夜の晩(13日)の月齢を調べると、13.7.
本日14日の月齢は14.7.
月齢は正午を基準とし、1日で1.0加算される。つまり6時間で0.25加算。12時間で0.5加算。

これで午後6時の月齢を計算すると
13日は13.95。だいたい14日となる。
14日は14.95。つまり15日に限りなく近い。

旧暦カレンダーに惑わされず、月の形だけを見ていたら、今晩が満月なのです。
そう、昨夜の十五夜はちょっとなぁと思った人が正しかったのです。


 

★夜半の突然の雨、いつ止むの?

降水
    雨雲レーダー画像

東北地方で豪雨をもたらした前線が南下し、夜半午前2時過ぎに突然の大雨で目を覚ましました。
雨が吹き込まぬよう、あわてて、あちこちの窓を閉めました。
状況を確認するために開いたのが画像の「雨雲レーダー」

現況が確認できるだけでなく、過去3時間、未来1時間の予想が出て便利です。
未来1時間予報はほぼ正確だろうと思います。

2~3時間先の予報はどうなるか?
「ナウキャスト」(高解像度ナウキャスト)を開き、
右側にメニュー欄から 「今後の雨」(降水短時間予報)を選びます。
すると、過去12時間、現況、未来15時間の予報が得られます。
その画像がこれ。
降水2


安眠を妨げたこの雨は前線が通過する1~2時間後には止む、と予想されています。
安心して、もう一度ベッドに戻りました。

おそらく最新のコンピュータ画像であり、これ以上の精度を現在は求められません。
しかし、外れることもあります。
コンピュータを信じるかどうかは自己判断です。

ついでながら、3~4日先の予報は「GPV気象予報」を利用しています。
雲の濃淡からドシャ降りの雨までが一画面で見えて便利です。
その精度は残念ながら、3~4日先ともなると、あまりあてにならない。
気休めですが、それでも、なにがしかの希望はつなげられる貴重な情報です。

先だっての台風では予想進路が右へ右へ(東に)それ、いすみ市では雨も風もたいした被害はありませんでした。
TVでは、数日間で500mmを超える雨量が予想されると脅していたので、いすみ市では早々に避難準備が出されました。
土砂災害危険地域と河川氾濫危険地域に出されたものですが、TVでは詳しく報道しません。
何人かの知人から、お見舞いの電話を受けました。ありがたいことです。

線状降水帯の真下になり危険な地域なのか、一時やり過ごせば大丈夫なのか、――画像で根拠が示されるので、ナウキャストは貴重な情報です。
天気予報なんてあてにできないと文句を言う前に、自分で見通しを立てるべきですね。
避難するか、とどまるか、与えられた情報で判断すべきです。

行政が提供しているハザードマップにも目を通しておきたいものです。
いすみ市では津波浸水地域、河川氾濫浸水地域、土砂災害危険地域、地震地盤揺れやすさマップなどが発表されています。
ネットで閲覧できますが、役所に行けば紙で入手できます。

場合によっては水深2m以上の被害にあう場所が明示されています。
情報を入手しないで、今まで何もなかったから今回も大丈夫だと判断するのは危険だと思います。
雨が降り続けるか、もうすぐやむか、傘を持つか持たないか、避難すべきか否か、情報はすぐ手に入ります。


 
 

★残暑の晩は星空を見てみる

        enta_star_peruseusu[1]
   8月13日前後はペルセウス座流星群    画像元→お天気コム
  
北に展開するペルセウス座付近から多数の流れ星が飛び出してくるように見えるので、ペルセウス座流星群だけど、実際にはどの方向を見ていても、流れ星に出会えます。
天文台は13日午前10時が最大というけれど、その時刻に流れ星が見えるわけがない。その前後の晩ならば、運が良ければ出会えます。
曇っていなければ都会地でも会えるはずです。

四つの惑星(火星・土星・木星・金星)に出会えます。
夜7時半ごろになると南西の空に一番星が輝いています。それが金星。
やがて真南の空に2番星、木星が見えます。

金星は白金色。美の女神ビーナスと名付けられ、木星は赤茶色でギリシャ神話の主神ゼウス、ローマ神話ではジュピター。地球を含む惑星の中で最大の惑星です。

8時半になると南東の空に火星がやけに大きくはっきりと見えます。最近、地球に大接近したばかりですから。
火星と木星の中間、やや火星寄りにあるのが土星です。

火星はローマ神話のマーズ。軍神で火と血の色の赤い星です。今年の異常気象もあれこれの悲劇的現象が起きたのも中国では熒惑 (ケイワク)と呼ばれた火星の異常な輝きにあると昔の占星術師なら言ったかもしれません。

ついでながら土星はローマ神話のサトゥルヌス。英語読みでサターン。悪魔と混同されますが全く誤解。大地の神様だから土星。

土星のすぐそば、右下で赤く輝く星が さそり座のアンタレス。地平に近い南方面で大きなS字型を描いています。惑星はビカーっと夜空に張り付いていますが、アンタレスは恒星ですから瞬いています。
瞬くか張り付いているか、それで恒星か惑星かを区別します。

今年にの夏の夜空は惑星が四つもそろって豪華ですが、8月17日が旧暦の七夕です。
旧暦の7日はほぼ半月。お椀の船のような月に乗って天の川を彦星が渡って織姫に年に一度のデートをする日と言われてきました。

天気が良ければ、天頂近くに織姫(こと座のベガ)、やや下に彦星(わし座のアルタイル)、そして天の川の中央を泳ぐ白鳥座のベガが、夏の大三角形を構成していることで見分けられます。

夜半を過ぎても暑苦しくて眠れない夜は、思い切って外に出て、夜空の星を一つひとつ確かめながら時間をつぶせば、きっと流れ星の一つや二つ、出会えることでしょう。


 

★本日は冬至、冬中、冬はじめ

冬至
    やはりカボチャの料理と柚子湯でしょうね。

今日は冬至。1年で一番陽が短い、昼間の時間帯が短い日です。
しかし、冬至の日が一番、日昇が遅いわけではなく、日没が早いわけでもありません。
日昇時刻は千葉の場合で6:45 日没は16:31。 

日昇が一番遅い日は1月7日ごろの 6:49。冬至より4分遅い日の出。
日没が一番早い日は12月5日ごろで16:26。冬至より5分早い日没。
冬至の日が一番朝が遅く、夕暮れるのが早いと思ってるのは間違い。誤解です。

つまり、明日から夜明けが早くなるわけではなく、夕陽が遅くなるわけでもありません。
じゃ、冬至ってなんだと言いたくなりますが、「日照時間が一番短い日」とでも言いますかね。
日昇時刻から日没時刻までの時間が一番短い日です。
日昇時刻と日没時刻とで計算すれば答えが出ます。

数分の差など実感できませんから、暦通り、本日が冬至だと思い、深く考えないことにしましょう。
冬至があって、クリスマスがあって、お正月があって、しかも間に忘年会やら新年会があり、年末は買い出しやら大掃除やらといそがしい。

1年の初めをどこに置くか、冬至か立春か春分か、太陽暦を基準とする人々は悩んできました。
冬至を基準にした名残りが、25日のクリスマス。1月1日の元旦。

大昔、エジプトでは冬至を基準に1年365日で暦を作っていました。
そのエジプト暦をシーザーがローマ暦に採用しました。
しかし、毎年5時間48分46秒のハンパが出ているのを無視しているうちに、クリスマスも元旦も数日ずれてしまいました。
今さら冬至を1月1日とすると決断すれば大混乱になるので、まぁ無理でしょう。

この数日間の誤差を認めないのが「星占い」の世界。
星占いでは新年は3月20(21)日の春分の日です。1年は春分からスタート。
1年を太陽の巡りの道(黄道)にそって12分割すると、
本日12月22日から1月19日までの1か月間が「やぎ座」になります。

星占いの星座ってなんで半端な日から始まるのだろうと思ったことがありますが、春分が基準の日だったのですね。
この1か月、太陽はやぎ座の前にいて、少しずつ、みずがめ座に向かって通り過ぎます。
つまり、太陽の後ろがやぎ座。昼間だからやぎ座は見られません。
やぎ座を見るならば、夏から秋にかけての夜空です。

自分の誕生日がなに座か知っている人は多いのに、実際にその星座を見た人はほとんどいません。
来年こそはこの目で見て見るぞと誓ってみるのも一興だと思います。

ちなみに、タイトルの「冬中、冬はじめ」とは、
暦の上では冬至は冬の真ん中ですが、本格的な冬の寒さは冬至から始まるから心せよという意味で、昔からの合言葉みたいなものです。
さぁ、年末、頑張ろう。