★バジルソース作り

バジル
             左=バジル    右=ハイビスカス

バジルの葉が使い切れなかったら バジルソースにして保存します。
ジェノベーゼなんていうしゃれた名前がありますが、バジルソースがわかりやすい。
ピザやパスタに使います。魚や肉のソテーやフライにも使います。

【材料】 ①バジル 35g  ②にんにく大1片  ③松の実 50g  ④エキストラバージンオイル 100cc
     ⑤塩 小匙1/2
   ※最低限、バジルの葉と塩、オリーブオイルだけで良いのだけれど、
    コクや深みを出すためにニンニクや松の実を加えてあります。
    塩を塩コショウに変えたり、松の実の代わりにパルメザンチーズを使っても良いでしょう。

【作り方】
  1.バジルの葉はできるだけ細かく(適当に)刻みます。
  2.すべてをミキサーに入れて攪拌粉砕すれば出来上がり。
  3.熱湯消毒したビンに詰めて冷蔵庫保管。
  4.あるいはジップロックに薄く延ばして入れて冷凍庫保管。適当に割って使います。

バジルはけっこう育てるのに神経を使います。虫がつきます。
おいしい野菜は虫にとってもおいしいのかもしれません。
土壌に問題があり、株の成長がゆがみ、弱っているのかもしれません。
弱みを抱えている植物には猛烈に虫がつくことは確かです。

それで鉢植えにして室内でこの株は育てました。
葉の具合など毎日点検していますから順調に育ちました。
葉を順に使っていても使い切れません。

主にピザに使いますが、マルゲリータなんてバジルが黒くなって涙です。
葉を包丁で切るから黒くなるとか、水気があると黒くなるなどと言われていますがわからない。
バジルソースにすれば少しはマシ。緑が保たれるでしょう。
ちょっとカッコイイしね。
作ってみるに値します。
       バジルソース バジルソース



 
 
スポンサーサイト

★ブルーベリーのジャム作り 活力鍋で

ブルーベリージャム

知人からブルーベリーをたくさん頂きました。
知人は知り合いの方の庭で大量に収穫したそうで、そのおすそ分けだと言っていました。
軸をとり、きれいに洗っての差し入れなので恐縮しました。

【材料】  ①ブルーベリー1120g  ②三温糖450g  ③レモン1個

【作り方】
 1.ブルーベリーと三温糖それにレモン果汁を活力鍋に入れ1時間放置。
   長時間放置すればするほど果汁がにじみ出てくる。
   急ぐ時は、時をおかずに軽くかき混ぜるだけでも良い。
 2.活力鍋で強火。オモリが触れだしたら、軽く触れる程度の加熱で2分。自然冷却。
   普通の圧力鍋ならば10分程度だろうか。
   ブルーベリーの皮はけっこう強いので、煮崩す感じの加熱が必要。
 3.フタを開けると果汁が驚くほど出ている。これを中火でアクをとりながら煮詰める。
   焦げ付かぬよう気を遣いながらのこの作業が一番面倒。
 4.熱湯消毒したビンに詰めて出来上がり。

普段は電子レンジでチャカチカャッとジャムを作ります。アク取りも煮詰めるのも電子レンジの方がずっと簡単です。
が、今回はブルーベリーの量が1kgを越えています。そんな大きな耐熱ボールを持っていないので活力鍋で作りました。

アサヒ軽金属の活力鍋は普通の圧力鍋よりも圧が高いので、加熱時間が少なくて済みます。
その分高価ですが、メンテもしっかりしており、使い捨ての調理器具ではありません。

さて瓶詰が5個できました。
これに手作りシールを貼って冷凍庫保管です。
これだけあれば1年分ですが、友人知人に分けたりすると喜ばれます。
けっきょく、お土産用のジャム作りみたいなものです。

いすみ市はブルーベリーの産地でもあり、ブルーベリーを育てている方は多い。
何有荘でも育てていましたが、手入れが悪くて枯れてしまいました。
最近は購入するか、頂き物か、不自由しないのはうれしいことです。
産地のそばで暮らすというのはいいことです。

****

暑いですねぇ…。室温31℃、外気温35℃。何もやる気がしません。
調べてみたら昨年も今日は猛暑日でした。
すでに8月7日の立秋は過ぎたのに、地獄のような残暑です。

72年前、一瞬の閃光とともにこの世に、まさに地獄が出現しました。
“正義の爆弾”は72年後の今年、ようやく人類と共存不可能と国際的に認定されました。
日本政府がその先頭に立って世界の平和を実現することを望みます。



 

★人気の“きゅうりのQちゃん”

Qちゃん

今年はトマトやきゅうりが大豊作です。
各地では記録的短時間大雨情報が出され、甚大な被害が出ているのにいすみ市は対岸の火事。
先週、一度雨が降ったきりで、むしろ干ばつ気味です。

きゅうりはちょっと油断するとまるでヘチマのように巨大化して困ります。
そんなきゅうりでもQちゃんにすればおいしくいただけます。

きゅうりの大量消費をめざしてせっせと作り、何人かにおすそ分けして喜ばれています。
毎年いろいろ試しましたが、最近はこのレシピに落ち着いています。

【材料】
   きゅうり1kg 醤油2カップ 酢1/2カップ 砂糖200g 鷹の爪3~4本 生姜適当量。

【作り方】
  1.きゅうりは適当にスライス。
  2.煮汁はきゅうり以外のすべてを投入して一度沸騰させる。
  3.火を落し、きゅうりを全量入れたら30~60秒。すぐ引き上げ、ザルにて冷ます。
    出来上がりシャキシャキ感を保つには“すぐ引き上げる”が肝要。
  4.きゅうりが冷めたら、再び煮汁を沸騰。きゅうりを投入して、またすぐ引き上げる。
  5.これを都合、3~4回繰り返す。
  6.ゴマを振るのはお好みで。

鷹の爪は開いて種は捨てる。その手指で顔を触ると悲劇が起きる。よく手指は洗うこと。
“すぐ引き上げる”が思い切れず、ちょっと煮てしまうとクタクタのQちゃんになってしまい、おいしい食感になりません。
味がきゅうりにしみ込むのは冷える時。
すぐ引き上げても、まとわりついた煮汁が冷めるにしたがってきゅうりにしみ込みます。
これを繰り返すことで、シャキシャキ感があり、しっかり味のついたQちゃんになります。
つまり、手間暇はそれなりにかかります。
 
煮汁は捨てない。何回かQちゃんを作る時に使いまわせます。
煮汁濃度が薄まったなと思ったら、煮汁材量を継ぎ足せばよろしい。
保管は勿論、冷蔵庫で。



★土用の梅干し

梅干し
    合計2.5kgの梅を漬け、干しています

購入した南高梅1kgと知人が採集してきた梅1.5kgを、それぞれ砂糖10%+塩10%の甘酢漬けにしたのが6月中旬。
ちょうど1か月たち、昨日19日から土用入り。
朝から晴天、気温33℃、風も少々あって、梅の干し日和です。

3~4日ほど干せば出来上がり。小型容器に入れ替えて冷蔵庫保管です。
塩20%以上の昔ながらの作り方ならば、10年も20年も常温保存できますが
なにせ塩分控えめなので、冷蔵庫保管が良いでしょう。

残った梅酢は、新ショウガをスライスして漬けた「ガリ」が定番ですが
キュウリ、ミョウガ、カブの甘酢漬けにも利用できます。

何だったらタコをスライスか、あるいはぶつ切りにして酢だこというのはどうでしょうか。 
砂糖をもっと足して溶かし、水で割れば塩分も含まれているので甘酸っぱい経口補水液として利用できます。――熱中症対策になります。

昨年まではザルの上で干していたのですが、ザルにくっついてしまう梅がありました。
それで今年はプラスチックの「バスケット」を購入してみました。
なかなか使い勝手がよく、気に入りました。
2枚で1000円でした。

もちろん別の機会には魚を干したり、キノコを干したり使えますから便利です。


 
 

★万能調味料マッサを作ってみた

マッサ
    なにやら真っ赤なジャムのようなただずまい

TVでポルトガルの万能調味料だというマッサ(MASSA)が話題になっていました。
さっそくネット検索して、料理研究家やまでらくみこさんのレシピで真似してみました。

必要な材料はパプリカ(赤2個)と塩(40g)だけです。
種をとって適当に切り分け、塩漬けにして冷蔵庫で1週間。
水で洗って塩水気をとり、天日干し1日。
フードプロセッサーでガガ―っとやれば出来上がり。

何に使うかといえば、万能調味料ですから何にでも合わせればよいのでしょう。
冷奴、パスタや炒め物、サバの切り身のフライパン焼きの調味料…などが例示されていました。

それで一番簡単な冷奴にのせてみました。
ちょうど練り梅を載せたような感じですが、パプリカだから色が鮮やかです。
で、肝心の味ですが、ちょっと塩辛かった。
塩が多すぎたのかな? 
パプリカの味が隠れてしまっています。
       冷奴


せっかく作ったのですから、パスタやチャーハン、チキンライスなどに使いましょう。
また作るかどうかは、いろいろ使ってみてからの話ですね。

****

いやぁ、今日も暑かったですね。
気象庁発表の気温とは、広い芝生の上の、風通しの良い日影での気温ですから、生活実感温度とは2~3℃のずれがあります。

直射日光に照らされている建物の屋根や壁は朝から熱を蓄え続けます。
特にコンクリは蓄熱体ですから、マンション住まいの方は気の毒です。

吉田兼好が徒然草の中で――家の作りやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居は堪へ難き事なり。――と言ったのがわかります。
熱中症で週に何百人も救急車で運ばれ、死者も出るなんて困ったものです。
冬は寒くともこんなに救急車は出動しません。

さて、7月19日(水)からが「土用」で、いくらなんでも気象庁は梅雨明けを発表するでしょう。
そして23日(日)からが本格的な「大暑」ですから、想像するだけで頭がくらくら、足元がふらふら。

朝夕に少し仕事をし、暑い昼間は昼寝などして、人様の迷惑にならぬよう・心配かけぬよう、頑張らないで夏を切り抜けることにしましょう。