★江戸防衛の高速運河

小名木川
  Wikiより転載:小名木川全体の空中写真。西の隅田川から東の旧中川を直線で結ぶ。

2月の中頃に腰を痛め、ベッドにいる時間が増えました。
暇つぶしに寝転んで読んだ本が知人から借りた『日本史の謎は地形で解ける』(竹村公太郎 PHP文庫)があり、目からウロコでおもしろかった。

家康が秀吉の命令で北条氏の旧領を与えるからと江戸に移されたのは1590年のことでした。
江戸に着いた家康家臣団は、そのあまりにも貧しくひどい景色に激高したと言います。
江戸城のすぐ前は海で、西も東も広大な低湿地帯で人が住む場所はありませんでした。
難攻不落・鉄壁の守りの大阪城とは地理的条件は雲泥の差です。

そのころはまだ秀吉は健在だったし、東北の伊達氏は天下をうかがう気配がありました。
豊臣・伊達・南蛮の反徳川勢力が一斉に江戸を攻撃すれば防ぎようがない「死地」でした。
家康は華麗な居城を作るのは後回しにし、江戸防衛の三つの巨大プロジェクトを命じました。

一つ目は江戸湾に流れ込んでいた利根川を銚子方面へと付け替える「利根川東遷工事」です。
これは江戸を洪水から守るとためと言われていますが、竹村氏は本当の目的は江戸防衛の軍事工事だった言います。
南下する伊達軍を坂東太郎(利根川)でくい止めるのが隠れた狙いだったといいます。

外房九十九里浜の中央に東金市があります。
ここを家康は鷹狩と称して二度訪れており、その経路は「御成街道」といいます。
その道路は昼夜兼行で3日でできた、とうわさされる突貫工事でした。

江戸から東金までほぼ直線の御成街道は、家康の鷹狩のためと称していますが、たった二度の鷹狩でもう東金には来なかったのは権力者の気まぐれでしょうか。
低湿地帯を何万という軍勢が通過するのは不可能です。
竹村氏は徳川軍を素早く房総に展開するための軍用道路だったといいます。
武田信玄が建設した棒道(直線道路)と同じだと考えると良いでしょう。

そして画像の小名木川開削工事です。
当時、ここは低湿地帯で、当時の海岸に沿って直線の運河を作ったのは、船橋の塩を江戸に運ぶためと称していますが、大量の軍事物資を船で房総へ運ぶことが真の目的だったと言います。
低湿地帯の水はけを良くし、掘削でできた土砂は埋め立てに使う一石四鳥の計画でした。

家康が江戸に着任して真っ先に行った工事が、利根川東遷、御成街道、小名木川の工事でした。
それは江戸防衛の必要最低限の緊急工事だったともいえるでしょう。
江戸城と城下町が本格的に整備されるのは1615年豊臣氏が滅亡し、世の中が落ち着いてからでした。

以上、竹村氏の説をかいつまんで紹介しました。
家康の江戸防衛の深慮遠謀に感心した次第です。
わたしは民生安定の土木工事だと思っていましたから、裏には軍事目的があったとは驚きです。

竹村氏は触れておりませんが、江戸湾入口にある館山藩(里見氏)が些細なことで山陰へ追い出されて滅亡するのは大坂夏の陣の直前、1614年のことでした。
家康が関東を留守にしたとき、外様の里見氏が謀反するのを事前に防ぐ目的だったのでしょう。

歴史が専門ではなく、土木工学が専門の竹村氏から見た日本史の姿は、どの項目を見ても「そういう見方が成立するのか!」という驚きの連続でした。


 
スポンサーサイト

★節分あれこれ

節分ザル
     画像は中央市豊富郷土資料館HP(→こちら)から転載

暇つぶしに 『目からウロコの民俗学』 という古本を読んでいたら、いすみ市の北隣町、長生郡睦沢町の昔の節分の行事が記載されていました。

――ヒイラギや豆の木を燃やした火を使い、焙烙(ホウロク=素焼きの皿)で豆を炒り、神棚に供えた後、「鬼は外、福は内、鬼の目玉ぶっ潰せ」と言いながら家中を清める。――
最近は鬼の面をかぶったご主人が鬼に扮し、豆をぶつけられる役回りになっていますが、
もともと、家にすくった鬼は目に見えるわけがない。
だから、家中、家の隅々まで豆を撒いて清めるのが本来の豆撒きなんでしょうね。
なにせ、豆は ”魔滅 マメ” ですから、小豆より大豆の方が強力そうです。
家に住み着いた不幸の根源=鬼を追い出し、立春の日をすがすがしく迎える伝統行事でした。

さらに、―――年齢の数だけ豆を食べると厄を逃れる――
昔は0歳児というのはありませんでした。誕生と同時に1歳でした。
また、誕生日を祝う習慣もありませんでした。
家族全員、いや日本中の人々が節分を区切りとして一斉に1ツ、齢を重ねました。

現代社会では誕生時は0歳から始まり、誕生日ごとに年齢を1ツ加える「満年齢」が基本ですから、節分で食べる豆の数はいくつなのか混乱があります。
今年、何歳になるのか、その数だけ食べるのが現代風でしょうか。
もっとも、私ぐらいの年齢になるとその数の豆を食べるのは大変ですから、1粒で10歳としています。

睦沢ではさらに独特の習慣がありました。
――大きくて目のあらいザルを逆さにして竹竿の先にくくりつけ、屋根の上に載せておく。
翌朝、「鬼がかかっているぞー」と叫び、子どもたちをおこす――

いすみ市でもそんな習慣があったのかと年配の方に訊きましたが、知らないとのことでした。
睦沢町の歴史民俗資料館の話では、「皆無とは言えないが、もうそのような習慣はないでしょう」 とのことです。

調べてみると他にもザルを掲げる習慣があった地域がありました。
西隣りの大多喜町西畑地区でも竿につけた目のあらいザルを屋根におく習慣があったといいます。
画像をお借りした山梨県中央市豊富地区も郷土資料館のHPに掲載されていました。
どうやら鬼は一つ目小僧のようで、目が多いザルを見るとおびえて逃げ出すと考えたようです。

睦沢町の続きです。
1年の区切りである節分の夜はこの1年の天候・吉凶占いも豆で行いました。
――12か月に見立てた12個の豆を囲炉裏の炭火におき、黒くなれば日照り、白い灰になればシケ、転がってしまえば強風だという。その焦げ具合を見て稲の作柄を選ぶ。ワセ、ナカテ、オクテの三通りで判断して種を撒いたという――
節分が神事だった頃の名残でしょう。
今では節分の豆は、炒り豆を購入するのが普通ですから、このような豆占いはできませんね。

もうみんな昔の習慣となり、知る人もいなくなりました。
今では節分というと、どこのスーパーでも恵方巻の大宣伝。
子どもたちは節分といえば恵方巻を思い出すことになるのでしょう。


 
 

★1月25日は 『八百屋お七の火事』の日

         八百屋お七
    火の見櫓(ヤグラ)のはしごに登り、半鐘を打つお七

先だっての糸魚川大火災は中華料理店から出火し、折からの強風にあおられて飛び火し、甚大な被害となりました。
死者が出なかったのは不幸中の幸いで、糸魚川の消防・警察・行政の連携が良かったのだと思います。

現代社会では失火の刑事罰はたいしたことなく、中華料理屋のご主人は死刑になることはありません。自宅が消失しても、火災保険に加入していなかった人は丸損です。

江戸時代は放火の罪は殺人罪よりも重い罪でした。
1683年1月25日、当時の暦では天和二年師走28日正午ごろに出火し、鎮火は翌日の朝だったそうです。大火の死者は3500人にもなり、俗に「八百屋お七の大火」とも呼ばれています。
翌年、お七は放火犯として大森の鈴ヶ森刑場で火あぶりの刑となります。

鈴ヶ森の近くに勤めていましたから刑場脇を通ることが何回かありましたが、今では立て札一つが立っているだけで、刑場だった面影はありません。完全に市街地になっています。

しかし天和の大火はお七の放火ではありません。駒込の大円寺から出火とされています。
本郷の八百屋の娘・お七はこの大火で焼け出された被害者で、一家そろってお寺で避難生活を送っていました。
そのお寺の寺小姓と良い仲になりましたが、やがて本郷に八百屋が再建されると、隠れた恋ですから二人は別れねばなりません。
悶々と暮らしたお七は、もう一度火事が起これば恋しい人に会えると思いつめます。
そして放火に至るのですが、それはボヤで消し止められました。
ところが放火した現場を見られたために逮捕されます。

当時も少年法みたいのがあって、15歳未満なら減刑になるので、奉行所は「本当は14歳だろう」と助け船を出したのに、「16歳だ」と言いはったので、放火犯=火あぶりの掟に従った判決になりました。

この「実話」を本ダネにして大阪の井原西鶴が『好色五人女』を執筆して大当たり。
歌舞伎・浄瑠璃で演じられ、舞台ではボヤじゃ面白くないので、お七が火の見櫓の半鐘を鳴らすという場面に変更されています。(画像)
火事でもないのに半鐘を鳴らすのは、これもまた重罪でした。

西鶴のフィクションが独り歩きし、本当は何が真実か現在では不明です。
ともかく天和二年は、江戸の大火として記憶に残りました。
あの大火がきっかけでお七さんが火刑になったのネ――という話からその大火そのものが「お七の大火」と呼ばれるようになり、やがてその火事の放火犯だと誤解されていきます。

火の始末、火の用心は大切ですね。
大勢の命を奪い、財産を奪い、人生を狂わせます。
今の時期は大寒で、今朝は零下の気温、最高気温も10℃にならず、湿度は20%台。
西高東低。風も強く、もっとも火災に注意すべき時期です。

蛇足
1)
ワープロが普及し始めたもう何十年も前の話。
同僚が八百屋オヒチと言いました。江戸=東京の住民はシとヒを区別できません。
オシチだと言っても納得しませんでした。ワープロで入力して初めて負けを認めました。
高校時代の地理の先生は朝日新聞をアサシヒンブンと発音していました。

2)
お七の生まれ年は丙午・ヒノエウマ だった言われています。(今年2017年は丁酉・ヒノトトリ)
ヒノエウマ年の女は気性が荒い、男の命を縮める――などの迷信は八百屋お七の頃からでしょう。
最近では1966年がヒノエウマ で、出生率が激減しました。
次回のヒノエウマ は2026年。その頃はもう、迷信そのものが消失していると信じたいところです。


 
 

★これが噂(ウワサ)のケサランパサラン!?

ケサラン
     左=ガガイモの実、  右=長い綿毛に種子がつく

ケサランパサランって何?聞いたことある気がするけれど…。
という人が多いのではないでしょうか。

わたしたちが子どものころ、一時大流行した「空中を漂う謎の未確認生物」のことです。
捕獲すると一生お金に困らない、幸せを呼ぶ生き物だ、オシロイをエサに増殖するとか。

江戸時代から知られている謎の生物ケサランパサラン。
実際にはその実物が存在しないからこそ、話に尾ひれがついて盛られてきたのでしょう。

ケサランパサランの正体を暴こうとする人々も当然いたわけで、ケサランパサラン探しが行われ、
その答えの一つが、ガガイモの種子。画像右。
 
タンポポの綿毛と比べると、タンポポは綿毛の下に軸があり、その軸に種子が付いているのに対し、
ガガイモは綿毛に軸がなく、直接種子が綿毛の中心部についています。
ガガイモの綿毛は細く長く、開けば直径5cmはあります。しかも種子が脱落しやすい。

したがって、種子を失った綿毛が、綿毛でだけでフワフワ浮遊していれば、これは何だ! ケサランパサランだ! ということになったようです。

ガガイモの種子は実というか、大量の種子を収めるサヤの中に入っています。(画像、左)
実だけをアップで撮り直した画像がこちら。ついでに8月下旬の花の画像も。
 ガガイモ3 ガガイモ花

当たり前と言えば当たり前ですが、サヤの中に非常に丁寧に折りたたまれており、目いっぱい詰まり、収納の効率の高さに感激しました。
サヤの中央が熟し、乾燥すると二つに割れてきます。するとその割れ目から少しずつ順に風に乗って飛んで行くようです。

サヤが完全に二つに割れると、その片方ずつが原始的な丸木舟のミニチュアのように見えます。
神話時代の大昔、海の向こうからガガイモの船に乗って現れたのが、スクナヒコナ(少彦名)という神様で、オオナムチ(=オオクニヌシ)とペアになって日本の国土を造ります。

スクナヒコナはお酒の神様であり、医療の神様であり、温泉の神様でもあります。
そして一寸法師の原型ともいわれています。

そんなスクナヒコナが乗ってきたガガイモの船はどんな船なのかと、ずっと思ってきました。
かなりガッシリとした硬いサヤで密閉性が高いから、これなら超小型の神様の船として利用できたことでしょう。
昔の人の想像力に感心いたします。

ケサランパサランもガガイモの船も見るのは初めてという人が多いでしょうから、こんどの里山の会に持参して自慢することにしましょう。


 
 

★杉玉は新酒完成の合図の標(シルシ)

杉玉
   いすみ市大原の木戸泉酒造の巨大杉玉

直径は2mもあるそうで、重さ500kgを越す。木戸泉酒造の入り口・冠木門の上部にどっしりと飾られています。
これだけ大きいと、丸い形状を保つために内部は空洞。周囲は鉄筋でできています。
鉄筋で地球儀みたいに丸く形を組み、そこに金網を張り、その金網の眼に杉枝を万遍なくぎっしり差し込み、最後に電動バリカンで見栄え良く仕上げます。

先日26日(土)、ボランティアさんを含め、大勢で一日がかりで仕上げたそうです。
クレーン車が来て茶色くなった古い杉玉を取り外し、新しい杉玉をセットして完成。
新酒の初売り出しは29日(火)。さっそく行ってきました。

購入したのは
  初しぼり 本醸造 無濾過生原酒――――――4合瓶 1200円――いわゆる清酒
  初しぼり にごり酒 本醸造無濾過生原酒――4合瓶 1200円――白濁した濁り酒

お酒の神様はローマ神話ではバッカス、ギリシャ神話ではディオニュソス。
どちらも日本では比較的よく知られています。
では、日本のお酒の神様の名前は? と問われると困ってしまう人が多い。

京都の松尾神社は日本酒製造の神様として有名ですが、
わたしとしては、奈良の大神(オオミワ)神社は歴史時代以前からの伝統があるのではないかと思っています。

大神神社にはある杉の切株が大切に保存されています。かつて杉玉の材料となる杉枝を提供した杉の古木でしたが、寄る年波に勝てず伐採された残り株です。
新酒ができると、この杉枝を束ねて神様に報告し、あわせて市民にも知らされました。
杉束が後に杉玉に変化し、杉玉は酒林とも称されるようになりました。

大神神社に関して日本書紀に二つの歌が掲載されています。
第十代崇神天皇の世、掌酒官・活日(イクヒ)が、神酒を天皇に献じた時の歌。
――この神酒(ミキ)は我が神酒ならず 大和なす大物主(オオモノヌシ)の醸(カミ)し酒 幾久(イクヒサ)幾久――

応神天皇の時、宴会の時の歌
――この神酒は 我が神酒ならず 薬(クシ)の神 常世(トコヨ)に在ます 石立たす 少名御神(スクナミカミ)の豊寿き 寿き廻し ――

大神神社はご神体を三輪山とする最も古い神社ですが、オオクニヌシ、オオモノヌシ、スクナヒコナを祭っています。
アマテラスを祖先神とする一族が奈良平野を征服すると、一時期、敗残者の信仰は抑圧されますが、人々は昔からの神様--オオモノヌシやスクナヒコナを忘れませんでした。

このお酒は誰が作った? 私じゃありません。オオモノヌシ様です。スクナヒコナ様のお陰ですと杜氏(トウジ=酒造技術者)は古くから考えてきたことが記録されていたわけです。
神様に感謝する形として杉の枝を束ねたのが原初的な形です。

なぜ杉の枝?     
おそらく酒造りの桶が杉だからでしょう。松でも桧でも桂でもなく杉。
お酒の神様は杉に木に降りるんでしょうね。
それで新酒完成のお知らせとして、お神酒をに添えて杉の葉を重ねて御礼とした――そんな伝統が今でも、外房でも残っているのです。

今シーズンの新酒。最初の一杯は、オオモノヌシ様、スクナヒコナ様に感謝してから頂くことにしましょう。