FC2ブログ

★本日(1/25)は旧正月。

梅
           近くの大栄寺のほころび始めた白梅。

旧正月を中国では春節と言い、武漢で流行中の新型コロナウィルスの保菌者が大量に日本に遊びに来るかと、検疫所や医療関係者は臨戦態勢のようです。
東アジアでは中国由来の太陰太陽暦を長らく使ってきたことから、今日ではキリスト教暦(西暦)を使用しつつも、旧来の暦を伝統的行事には使用することが習慣です。

旧正月とは旧暦元旦のことで、立春に近い新月の日が1月1日と定められます。
旧暦元旦を上総一宮である玉前神社では「太陽と月が連れ添って昇る日」と説明しているのが印象的でした。
ちなみに本日の日昇時刻(東京)は6:46。月出は7:03。
これだけ近いと太陽の光で月の姿は見えません。一日中、一晩中月が見えない日が新月で、一日です。

玉前神社の御祭神は玉依(タマヨリ)姫で、神武天皇の母君でいらっしゃる。
姉君が豊玉(トヨタマ)姫で夫が神武天皇の父君=鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)。
近くの椎木・中原の玉崎神社の御祭神が豊玉姫。
豊玉、玉依の姉妹はともに海神の娘で、豊玉は釣り針をなくして困っていた山幸彦と海王(ワタツミ)の宮殿で親しくなり妊娠する。
ある日、山幸彦は地上に戻るといい、豊玉は腹の子はあなたの子だと迫り、出産は嵐の日に地上にて行うので鵜の羽を使った産屋(ウブヤ)を作るように命じた。ところが産屋が完成する前に陣痛が起き、嵐に乗じて上陸する。
出産のときはのぞき見しないように誓わせたが、山幸は誓いを破りのぞき見する。すると豊玉は巨大なサメの姿で身をよじって出産するところだった。
山幸が驚いて逃げ出したかどうかは古事記、日本書記とも記述がない。豊玉は正体を見られたことを恥じ、子を山幸に預けて海の国に戻ってしまった。
度重なる夫の裏切りに愛想が尽きたということか。しかし、我が子はかわいい。それで妹の玉依を我が子の世話係として地上に送る。生まれた子は鵜の羽を利用した産屋が完成する前に生まれた子という意味でウガヤフキアエズノミコトという。
後に、玉依は自分が世話をしたウガヤフキアエズノミコトと結婚し、神武が生まれたという話が古事記、日本書記にある。

姉の豊玉が妹の玉依に託した和歌が
   赤玉は 緒さえ光れど 白玉の 君が装いし 貴くありけり
    (たぶんメノウでできた)赤玉のひもは輝いているけれど白珠のようなあなたの姿はさらに尊い――かな。
この歌はなかなか解釈が難しい。白珠のあなたとは誰の事か。夫の事が赤子の事か。それはさておき

玉前神社では太陽を海王の娘の子であり、海王の娘の夫でもある天皇家の先祖とし、月を海神の娘とし、太陽と月が仲良く連れ添って昇る1年最初の日が正月元旦としています。
山幸は海王の宮殿を去る際に、海王から鹽盈珠(シホミツタマ)と鹽乾珠(シホフルタマ)という満潮・干潮を自由に操れる秘宝をプレゼントされ、意地悪な兄=海幸を懲らしめたとも伝わっています。
つまり玉前神社の信仰集団は元々は太陽と月の神秘的な力を信じ、海の恵みに感謝する海洋漁労民族であったと推定できます。

房総半島の中央、太平洋に面した上総一宮である玉前神社が太陽と月と海洋を尊崇するのはしっくりする話です。
近くの太東崎付近の海域はサメが多く、大型のサメが居ついているという地元の民話があります。
サメは胎生で腹の中に子がいます。漁師さんの仕事場で初めて見たときは驚きました。
サメから生まれた天皇の先祖という話も海洋漁労民の実体験から生まれた神話なのでしょう。



スポンサーサイト



★本日(1/20)より大寒

フキノトウ
    庭にフキノトウを見つけた

1年365日を24等分した区分を二十四節季といいます。
1月20日から2月の3日までの15日間が「大寒」で、一番寒い頃だとされています。
調べてみると平均気温東京では1月26日が一番寒い日だそうです。(最低・最高気温が2℃・9℃)
やはり大寒の期間が1年で一番寒い日だと統計でも示されています。

大寒になると何有荘では味噌作りの準備に入ります。
お酒や味噌、醤油など寒造りといって、雑菌の少ないこの時期に仕込むのが昔からの風習だそうです。
新大豆が出回る今の時期が、その意味でも適切な時期なのでしょう。

大豆は内房の「小糸在来」という青大豆を愛用していたのですが、ここ数年不作で入手できません。
やむなくネット通販で「秘伝豆」という青大豆にしました。

地元大豆を使いたいのですが、品種名が判りません。売る方は「大豆だよ」で済ませています。
サツマイモでいえば、数年前から安納芋、今年はシルクスイート、紅はるかが人気ですが、地元直販店のラベルは「薩摩芋」だけだったりします。
薩摩芋でも大豆でも今は個性で売り出し、品種で差別化する時代なのに、その販売姿勢は残念な気がします。

購入した青大豆のおまけに「酒の濁り湯」という糀でできた入浴剤がダンボールに入っていました。
さっそく使ってみると白濁した温泉のような気分になれました。
なんとなく肌がしっとりし、湯冷めのないあたたかな体になった感じです。
たまにはこのような気分転換も良いですね。
    麹湯     麹湯2
        こんなパッケージで、中身は色付き小麦粉のような感じ

さて散歩の途中で地元の農家の年配女性が何やら摘んでいるのを見かけて声をかけました。
なんとフキノトウを摘んでいたのです。
それで何有荘の庭を探してみたらあったのです。フキノトウが芽を出していました。
大寒を我慢すれば確実に春になる――フキノトウを見ると心まで温かくなるような気がします。


★初詣、長生郡白子町の白子神社

白子神社
     正面の月星紋のついた幔幕がすぐ目についた

日月紋は源頼朝時代に房総を支配していた千葉氏の家紋として知られています。千葉氏と言うよりも千葉氏が信仰していた妙見様の神紋と言った方が良いかもしれません。いすみ市を含め房総では妙見信仰が広まっています。

この神社に注目したのは平成29年10月、新聞の片隅に61年ごとの式年開帳が白子神社で行われたという記事がありました。しかも白子神社は正一位だと。
名もなき地方の神社(失礼!)が正一位とは驚愕です。京の加茂神社、奈良の大神神社、春日大社などと同等の最高位です。上総国一宮の玉前神社でさえ正四位上ですから五階級も上位。

白子神社がある白子町の「南白亀川」も以前から気になっていました。南白亀なんて誰も読めません。「なばき」と読みます。
和銅6年(713年)5月に「諸国郡郷名著好字令」が出されます。全国の地名は良い漢字2文字で記せという法令ですが房総ではあまり浸透しなかったようです。江場土(えばど)とか東浪見(とらみ)など初めて出会った時は困惑しました。南白亀も何か意味のある単語なんだろうと気になっていました。

いすみ市海岸やサーフ会場になった一宮そして白子海岸など房総の海岸はウミガメの上陸産卵地です。
この神社は元々、1048年に出雲系の大己貴(オオナムチ)神を祭ったのが最初で、1126年に海岸で白亀に載った白蛇が見つかった。驚いた村人が神様としてこの神社にまつり白子神社と称するようになったといいます。

    玄武 手水舎にある「亀に載った蛇」の彫刻

白子とは私の常識ではタラの精巣なのですが、外房でタラの精巣は似合わない。白亀・白蛇のことだと納得しました。
神社の南側を流れている川だから南・白亀・川なんですね。でもなぜ南白亀=なばきと発音するのでしょうか。当時の村人の発音だったのかどうか、白亀伝説以前からの単語だったのではないかというかすかな疑問が残ります。

白子町の神社だから白子神社なのではなく、村落合併に際して白亀郷12ヶ村の総鎮守・白子神社にちなんで白子町となったともわかりました。

亀と蛇の組み合わせは玄武という北の神獣を連想させます。(東=青龍、南=朱雀、西=白虎)
この神社の元々の神様オオナムチは後に大国主と称され、大国主は仏教の大黒様と同一視されます。
「子の大黒」といって大黒様は子(ネ)=北を守護します。亀蛇の玄武は北の守護神です。
北の空にある世界の守護神こそ、世界を支配する天帝。北極星こそ具体的な姿を見せる天帝でこれが妙見様です。
妙見様は北極星であり、北辰(北斗)であり、いつでも巡り変化する世界の中であって不動の真理を示します。
こうして古いオオナムチ信仰は白亀・白蛇の出現によって妙見信仰、天帝信仰に進化したのでしょう。

江戸時代になると、家康は日光東照宮として江戸城の真北に鎮座し江戸を守ります。
つまり妙見信仰・天帝信仰と家康信仰が結び付きます。
正一位になったのは宝永5年(1708年)。富士山が噴火し、お陰参りが始まり、幕藩体制に揺らぎが生じます。
正一位という最高位に任命された理由はわかりませんが、そのような世情と関係あることでしょう。

明治になると世界を支配する天帝は、妙見様や東照宮にとって代わり天皇になります。
この神社からも多くの若者が兵士として出征したことでしょう。
現代では天皇から離れ、「房総随一北辰大帝白子大明神」と称しています。
それでいいのではないかと思います。
本当の話かどうかは問題ではなく、そう信じて村人は暮らしてきたという事実が大切です。
車で30分。初詣でに行って良かった。いろいろな事がわかりました。
今年は良いことがありますように!!

補足
神社の雰囲気はお寺の本堂を思わせます。かつての神仏習合時代の姿を留めているのでしょう。
本殿の外壁彫刻は見事です。信仰の厚さと財の豊かさがしのばれます。

小さな祠にオモダル(面足)様がイケメンとして祀られていて驚愕しました。天地創造に際し、はじめの神はアシカビ(葦牙)という成長力の象徴、いろいろ継いで六代目がオモダル。地表面が満足にできた意味とされています。そして7代目が皆さんご承知のイザナギ・イザナミ。だから直前のオモダルだけを信仰する人々などいるわけないと思っていたのに、この地にはいたのですね。驚きです。

八幡社の祠もありました。通常の神々のほかに「木の花咲くや姫」が添えられていたのが驚きです。富士山・浅間山信仰と八幡信仰がどのように結びつくのでしょうか。

いろいろ謎解きが面白い神社でした。





★浦島太郎と冬の星座オリオンとスバル

TKY200912010254[1]
  オリオンに立ち向かう牡牛の肩の部分がスバル星   画像元 

浦島太郎は単なる日本昔話ではありません。オリジナルは通説とちょっと異なります。
『日本書記』(720年)によれば雄略22年のこととして、浦島が亀に出会い海の向こうの仙界へ行ったと載っています。つまり歴史的事実扱い。「詳しくは別巻にて」とありますが残念ながら別巻は伝わっていません。
鎌倉時代初期(1195年頃)の歴史物語『水鏡』に浦島のその後の話が載っています。
天長2年(825年)のこととして、“今年、浦嶋の子は帰りしなり。…(中略)…雄略天皇の御世に失せて、今年三百四十七年といひしに帰りたりしなり。”
ここでも浦島は歴史的事実扱いです。天長2年の347年前は、雄略22年、西暦478年ですね。

『水鏡』と同じころに成立した『釈日本紀』には「丹後の国の風土記に曰はく」として雄略時代の浦島伝説が少し詳しく載っています。
――浦島は三日三晩の漁でも全くの不漁だったが最後に五色の亀を得た。寝ている間にこの亀は見目麗しい姫と変身し、共に海のかなたの竜宮城へ行く。“門を開きて内に入りき。すなわち七たりの竪子(童子)来て、相語らひて、「是は亀比売の夫なり」といひき”―――とあります。
竜宮城の門で待たされていた時、7人の童子が出迎え亀姫様の夫だとはしゃぐのですね。ついで8人の童子も同様に語りはしゃぎます。
そして、この7人の童子が昴(スバル)で8人の童子が畢(アメフリ)だとあります。
昴や畢は古代中国の天体用語ですが、8世紀の段階で訓読み和名が成立していたようです。

このスバルやアメフリが上記画像で確認できます。
オリオンの三ツ星をやや右上に伸ばすと赤く輝く星(おうし座アルデバラン)が見つかります。さらにその先を少し延長するとぼんやりとした星の集団が見つかります。これがスバルで、自動車スバルのエンブレムになっています。
スバルがプレアデス星団、アメフリがヒアデス星団。どちらもギリシャ神話由来の名前で、巨神アトラスの娘たちという設定です。
ヒアデス星団はあまり有名ではないし、明瞭な星団でもありませんが、おうし座の頭、アルデバラン周辺のV字型の部分です。別和名は釣り針星。こちらの名前の方がわかりやすい。

さて、スバルとアメフリは竜宮城の門で浦島を出迎えました。では本丸御殿はどこでしょう。
オリオンンのややゆがんだ四角が御殿で中央の三ツ星が神様の本体だと思います。
その神様は大阪(摂津)の住吉神社の神様。
底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)の三神で海の神様です。。筒(つつ)とは古代語で星のこと。
この季節、東の海からオリオンの三ツ星が一直線に並んで順に姿を現します。初めに表筒男、ついで中筒男、そして底筒男。古代海洋漁労民にとって三ツ星は真東から昇り、真西に沈む重要で神聖な星でした。

いすみ市は太平洋に面しウミガメの上陸地でもあります。そして星座が美しく輝く土地柄です。
冬の星座を見ていると、洋の東西、物語は違っても注目する星は同じなのだなと思います。
そして昔の人が夜空の星を見ながら様々なことを思い、それを書き残してくれたことをうれしく思います。
豊かな想像力は人類の遺産として、現代に生きる私たちにも想像の翼を広げさせてくれます。

今日から小寒。そして大寒へ。最も寒さ厳しき頃ですが、暖かい格好をしてオリオンとスバルを眺め、浦島がたどった仙界(竜宮城)に思いを馳せてみませんか。


 

★今年は上総の玄関飾りを半分自作で飾ってみました

しめ縄

明けましておめでとうございます。
地元いすみ市の伝統的な正月飾りは「鳥居型」というしめ縄を飾ります。
ひょんなことから、地元農産物の直販店では暮れに販売していることを知り、買い求めてみました。
たぶん、地元農家のじいちゃんの小遣い稼ぎ、内職かと思われます。

ウラジロは山で探せばあるでしょうが、見つからないので買い求めました。ユズリハは近所で採集。
紙のシデは自作、ダイダイはミカンで代用。まぁ画像のようになんとか見られる姿に仕上がりました。
おそらくウラジロは「心の裏は正直で正しい」ことの象徴でしょう。腹黒いの反対です。
正月に当たり、ずるいことは考えず、正直に生きることを表明したものでしょう。

正月飾りにウラジロが選ばれた背景には神君と尊敬された徳川家康の兜が一役買っているのではないかと思っています。
         107701393[1]    画像元『歴史プラス』

戦国時代の武将の兜は敵味方の中にあっても目立つように派手な飾りが多い中で、シダの飾りとは実に地味な存在です。
家康愛用の鎧兜は幾種類も伝承されており、中には派手で大げさな兜もあるのですが、晩年に愛用した画像のシダの葉をあしらった兜が一番有名なようです。
シダは歯朶と書き、歯は年齢を意味することがあり、朶は枝の意味で子孫繁栄を意味する、つまり長寿長命・子孫繁栄をの願いを込めてこの一戦(関ケ原や大阪の陣)に使用したと言われています。
豊臣を根絶やしにして徳川の天下を盤石にするためはまだ死ねぬ、長生きせねばならない、という覚悟の兜だったという説は納得がいきます。

神君家康にあやかってどこにでもある歯朶が江戸庶民に愛され、中でもウラジロが正直の象徴として庶民の生き方・倫理観にフィットしたのでしょう。
シダ植物は松や竹と同じように常緑で、永遠の平和と繁栄の象徴として選ばれたとするならば、混迷する世界情勢の中で日本が誇るべき伝統的な正月の祝い方なのだと思います。