★竹藪のクマガイソウ(熊谷草)

クマガイソウ
        ラン科では国内最大の花だとか。市内の某竹林にて

東京都ではすでに絶滅。千葉県では絶滅危惧1類で近い将来に絶滅の恐れがある種類。
「いすみ市はまるでガラパゴスだ」 とはいすみ市の自然を守る会会長の言葉。
氏の言うようにいすみ市には絶滅危惧種が当たり前の顔をして私たちの前に現れます。
例えばニホンアカガエルなど、我が家にも出没し、市内でもっとも普通のカエルです。

クマガイソウはタケノコを採りにいって、その林で見つけました。3年前の話です。
以後、毎年気を付けて保護してきました。
タケノコ掘りの人たちはタケノコに目が行き、林内に出てくる他の植物なんて雑草なんでしょうね。
踏みつぶしても気にしない。

2枚のウチワ(団扇)のような葉の中央から花芯を伸ばし、丸くまとまった袋のような花をつけます。
奇妙というか可愛いというか、野草が趣味の人に人気があり、野草業者による乱獲で全国全県で絶滅危惧種になってしまいました。

似た仲間に、もう少しカラフルなアツモリソウ(敦盛草)があります。
熊谷とか敦盛とか聞けば、連想されるのは平家物語ですね。命名の由来は平家物語にあります。

源平、一の谷の合戦にて源氏方の老武者・熊谷直実は平家の若い公達・平敦盛の首をはねます。
そのいきさつは平家物語の名場面の一つですから、ご存じない方はぜひ一度、平家物語をざっとでも目を通してみてください。
熊谷直実は立身出世ではなく、諸行無常を感じて仏門に入ったと語られています。

その心境を唄ったのが織田信長による幸若舞の『敦盛』 
――人間(ジンカン)五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか―――
TVでの桶狭間の戦い、本能寺の変の場面では必ずと言ってもよいほど映像化されています。
『下天の夢』という宝塚の舞台やお酒もあります。
若いころ、『下天の夢か』という津本陽さんの新聞小説を毎日楽しみにしていました。

二つの草がなぜ敦盛、熊谷の名を負ったかと推測すれば、その特徴的な花の形にあります。
当時の騎馬武者は背後からの矢の攻撃を防ぐために、母衣(ほろ)という巨大な風呂敷のようなものを背負っていました。
花の形がこの母衣みたいだと命名者は思ったのでしょう。
それで少しあでやかな花の種類を敦盛草、地味な方を熊谷草と名付けたのだと思います。

いすみ市でも在来のメダカはほぼ絶滅しました。
田畑に農薬がまかれ、小川がU字溝になって生息場所を奪われました。
いくらでもいるよ、珍しくないよと思っていても、気が付けば都会のように昆虫はゴキしかいないということになりかねません。
豊かな自然を後世に残す、今の赤ちゃん世代に残すというのは、今を生きる大人の責務だと思っています。


スポンサーサイト

★カモミール花咲く

カモミール
      カモミールが庭に彩りを添えていますが、ハーブティー用。

ハーブティーの代表格であるカモミールは、画像のように白い花びらに囲まれた黄色い花芯が盛り上がったら収穫時です。
花びらがついたままでも、もう風で飛んでしまったものでも黄色の部分がしっかりしていれば大丈夫です。香りが一番良い時です。

日本には江戸中期、末期にオランダ医学の薬草として輸入され蘭方医に広まりました。
気持ちを落ち着かせたり、睡眠導入剤などに処方されたようです。

当時は外来語をカタカナで書くという規則はありませんから、漢字で加密列 カミツレ。
これはオランダ語のkamille カミーレの音転写の訛りですが、今ではカミツレが和語扱いになっています。
TVで秋田の薬草園のカモミールを殿様役の県知事が出演して、秋田のカミツレだと自慢し、龍角〇の宣伝をしているのを見たことがある人も多いでしょう。
ハーブ入りの石鹸にもカミツレ石鹸という名前がついたりします。

毎年、ハーブティー用に収穫していますが悩みの種がアブラムシ。
専門家から風通しが肝要だとアドバイスされて気を配っても、花を収穫すると小さなアブラムシがついていたりしてがっかりします。

カモミールはいくつかの野菜のコンパニオンプランツと呼ばれています。
その野菜と一緒に育てるのが良いとされる理由は、カモミールにはアブラムシがつきやすく、それを利用してアブラムシを集め、目的の野菜をアブラムシから守るのだそうです。

そんなアブラムシごっそりのカモミールはお茶の材料にはなりませんね。
ではどうやってアブラムシがつかないカモミールを育てるか?

答えは意外と簡単なところにありました。
さっさと花摘みをすることです。
春になってやっと咲いた花を楽しんでから花摘みをしていたのですが、花芯が大きく膨らんだら、まだ少ない量でもさっさと摘んでドライ保存です。

カモミールは約2か月間、花が次から次へ咲き続けますが、後半になればなるほど寿命が近づき花の勢いが衰えてきます。
そうなると、アブラムシが集まってきます。

それはキューリから学びました。
元気のよいキューリには虫もつかないし病気にもなりません。
しかし盛りを過ぎると急に害虫が増え、病気にもなります。
そうなるともうどんな薬剤も効果はありません。
まもなく死ぬ運命の植物を狙ってさっさと自然界に葬り去るのが彼ら病害虫・菌の役割なのでしょう。

カモミールも同じで、だからまだ元気のよい育ち盛りの花を摘んでやるのが正解です。
花を摘まれたカモミールはオダブツを観念するのではなく、こりゃ大変だとばかりにさらに花を多くつけます。
早く花を摘むのが人間様にもカモミールにも良いのだと思います。
なお、念のためカモミールの株もとにはユズの輪切りをいくつかばらまいてアブラムシ忌避剤の代わりとしています。


★関東タンポポ花盛り

タンポポ
     今年はとりわけタンポポの群落が目立つ

春の野原はタンポポが似合います。
小さな黄色い花が一面に咲きそろうと、ありふれたただの野原なのに豪華なお花畑に見違えます。

いすみ市の場合、野原の群落はほぼ確実にすべて 「関東タンポポ」 です。
そして、道路沿いのタンポポはほぼ確実に 「西洋タンポポ」 です。

その違いがこの画像。矢印の部分。左:西洋 右:関東
西洋 関東

花を少し傾けて、多くの花びらを一つにまとめている緑の総苞(ソウホウ)を見れば区別できます。
外側片がぐるりと反り返っているのが外来種で、きちんとまとまっているのが在来種です・
私は西洋タンポポを、キリシタン伴天連のひらひら襟巻、関東タンポポをすっきりした襟足美人と称しています。
もっとも最近は、交雑が進んで見分けづらい個体も多くなりました。

外来の西洋タンポポはいわば四季咲きで、早春から晩秋まで咲きますが、
在来の日本タンポポ――関東タンポポは春にしか咲きません。
だからタンポポの大群落は、春の風物詩なんですね。

ところで、またくだらない雑知識。

タンポポは和語ですが漢字で書くと「蒲公英」。
難読漢字ですがもともと中国語から仕方ない。ボコンインみたいに発音するようです。

英語ではdandelion ダンデライアン。
フランス語のdent-de-lion ダンドリオン が原語だそうで、ライオンの歯の意味。

タンポポといえば黄色い花を思い浮かべますが、かの国の人々はギザギザの葉なのでしょうか。
欧米と日本では目の付け所が違います。

タンポポは菊の仲間ですから、食用菊と同様に花も食べられます。
欧米では葉をレタスのようにして使うようです。
やや苦みのある柔らかい葉を葉物野菜の一種としてマーケットで売っているのだとか。
だからギザギザの葉の方に目が行くのでしょう。

ちなみに、日本でも山菜料理ではタンポポの葉の天ぷらが出てきますが、さすがに生では食べませんね。
でも、ベビーリーフの一部に混ぜちゃえば良い、とは知人の話です。

 

★電子レンジで色鮮やかなイチゴジャム

デザート
      朝のデザートに添えて
 
画像は最近多い朝のデザート。
デザートという言い方は近頃はスウィーツというらしい。
バナナ、ヨーグルト、イチゴジャムそれに酢ブドウが乗っています。

イチゴジャム は高温で短時間で仕上げると色が鮮やかなるという情報を得て自己流で試してみました。

【材料】イチゴ(章姫)500g 白砂糖250g レモン半分の果汁
【作り方】
 1. ヘタを取って洗ったイチゴの水分をペーパータオルでふき取り、適当に切り分ける。
 2. 砂糖は2分間電子レンジで事前に加熱。耐熱容器に入れたイチゴと混ぜ合わせて10分放置。
 3. イチゴ果汁が出始めたころ、レモン果汁を加えてよく混ぜ合わせる。
 4. 電子レンジ600wで5分、驚くほどイチゴ果汁が出てくる。よく混ぜる。
 5. 3分間の加熱を何回か行い、そのつどアクを除き、煮詰める。かき混ぜる。
 6. 適当な粘度になったら消毒した小瓶に小分けして移し替え、
 7. 氷を入れた水で急速冷却。これで出来上がり。

沸騰するので耐熱容器は大きいほど気が楽。レンジ庫内が汚れない。
初めての割には色鮮やかなルビー色に仕上がりました。

今まで、真っ赤なイチゴジャムは人工着色料を使っているのかと疑っていました。
イチゴを選ぶことと、急速加熱・急速冷却で鮮やかな色に仕上がるのですね。
未熟さを知りました。

酢ブドウ は普通はブドウ酢というらしい。
干しブドウに酢を加えてふやかし、さらに蜂蜜を加えたものです。
干しブドウも酢も蜂蜜も健康に良いらしいので、全部混ぜた酢ブドウは相乗効果でさらに良いという話です。
たいした手間ではないので作ってみました。

市販の輸入物の干しブドウは表面が油コーティングされているので、酢の吸収が悪い。
油分をお湯で除けばよいのですが、面倒なのでそのまま酢漬け+蜂蜜です。
何日か置いてなじめばOK。冷蔵庫保管で使っています。

馬齢を重ねると体調不良の日が多くなりました。
有名人の中には私よりも若いのに亡くなったと報じられて、驚きます。
別に長生きしたいとか、早く死にたいものだとか思いませんが、
健康でいたいとは思います。


 
 

★ソラマメのアブラムシ退治

ソラマメの芽
    摘芯した芽?は食べちゃう

画像はソラマメの摘芯した茎葉の天ぷら。
ソラマメのまっすぐ上に伸びた各枝の先端にアブラムシは集中しています。
これから伸びる茎葉がギュッと詰まった先端は生長点があるのかしら、アブラムシが好む場所です。
たぶん、人間様が食べてオイシイ場所でしょう。

で、天ぷらにしました。
ほのかにソラマメの味がしますが、こりゃ珍味だ、と騒ぐほどのことはありません。
スジスジだったり苦かったり、ということはなく、食べやすいのですがパンチ力がない感じがしました。

ソラマメの枝の最先端がアブラムシが最も好む場所ですから、そこを摘芯、削除してしまえば良い、しかも食べちゃえば一石二鳥という考えです。

ソラマメとアブラムシの関係は前々から一つの疑問があります。
アブラムシが集中している株と無傷の株があることです。
このことは、ある一つの株が犠牲になって他の多数の株を守っているのではないか、という疑問です。ソラマメの自己犠牲――そんなことってあるのでしょうか。

今年も特定の株に集中していました。
そんな株の摘芯した茎葉は捨てますが、他の枝の茎葉はよく水洗いして天ぷらにしました。

アブラムシ対策:その2
冬のこたつミカンの皮は乾燥させて保存してきました。
ワックスがかかってなければ「陳皮 チンピ」 として有用なのですが、アブラムシ対策ですからワックスのあるなしは関係ありません。
乾燥ミカンの皮をミキサーで粉にして振りかけます。
するとどうでしょう、皆無にはなりませんが、多数のアブラムシは退散します。

アブラムシ対策:その3
どうやら柑橘類の香りが苦手なようです。
それならば今の時期のブンタンやハッサク、夏みかん、レモンなど、皮を乾燥させずにそのまま小片に分けて地際に散らせばよい。

アブラムシ対策:その4
これは昨年度までの方法で、今年はまだ実施してはいませんが。
台所用洗剤を何倍かに薄めてスプレーする方法です。
数時間後、アブラムシは固まって死んでいます。
確実な方法ですが、死んだアブラムシを割りばしなどで除去するのが面倒でやめました。

その他の方法
木酢液、竹酢液、酢、唐辛子焼酎液など様々試しましたが一長一短。趣味の世界でしょう。
摘芯+柑橘類で何とかなりそうです。

それほどまでに、収穫したてのソラマメは即、調理するとすばらしい味です。
ひそかに、都会の人はかわいそうだね。収穫直後を食べられないのだからと、田舎暮らしを自画自賛しております。