FC2ブログ

★太東海浜植物群落地のスカシユリの群落

スカシユリ

太東崎灯台の下、南側の海岸に「太東海浜植物群落地」があります。
大正8年(1919)に制定された史蹟名勝天然記念物保存法に基づいて、「成東・東金食虫植物群落」などとともに我が国の天然記念物の第1号として指定されたそうですが、現在は指定当時とは異なり、かなりみすぼらしい存在です。
遠くから見に来た方は「何これ?」とがっかりして帰る事が多いと思います。
地盤が沈下し、荒い波に侵食されて海浜が数百メートルも後退し、わずかばかりの面積が柵で囲われて保護されています。
そんな海浜ですが、この時期――夏の土用の季節のころはスカシユリが咲きそろい、それは見事なものです。

昔、都会生活者だった若いころは暇を見つけて花の名所を歩いたことがあります。
一番見事なユリの花は尾瀬のニッコウキスゲでした。歩いても歩いてもキスゲの花が続きます。
一番残念だったキスゲは霧降高原でした。リフトの眼下、一面のキスゲを期待していたのにゼロ。シカの食害だそうです。

ここのスカシユリはこちらにきて初めて知りました。
花びらの付け根がぐっと絞られ、花びらと花びらの間に隙間があるからスカシユリだとか。
夏の海岸にふさわしい濃い橙色の花弁に黒のドットがあしらわれ、日差しに負けぬようにと空を向いて咲きます。
だれかが花の公園にしようとしたのではなく、自然の景色としてそうあるのが素晴らしいと思います。

波の荒さは相変わらずで、潮騒の音はまるで国道沿いの車の騒音のように一晩中です。
初めてこの海岸を訪れたときにあった波間に浮かぶ岩礁は今や波の中です。
海岸沿いの遊歩道も荒波のために立ち入り禁止のまま。
そしてキョンという小型のシカがご近似周りを荒らしまわるようになってきましたから、この地がキョンに知られたら、あっといまに繁殖地になって食い荒らされてしまうのではないかと、いらぬ心配をしています。

コロナ騒ぎで外出意欲もなくなりました。10万人当たりのPCR検査は世界で159位だそうでアフリカ諸国並みです。
まもなく帰省の時節。
帰省する人々を全員無料で検査して、安心して帰省できるように制度設計するのが政府の役割だと思うのに
責任者はソファーでワンちゃんを抱いてワインだかコーヒーだかを楽しんでいるのでしょうか。

 
スポンサーサイト



★他人ごとではない梅雨前線の大災害

渡
  多数の死者を出した老健施設。横を球磨川の支流「小川」が通る。(画像元:毎日新聞)

熊本は散々な目に遭っています。
地震に大雨そしてまた大雨。亡くなられた方のご冥福を祈ります。

線状降水帯はどこに発生するか、その予報はまだ難しいと気象庁は言います。
しかし今回の球磨川の場合、国交省のハザードマップと現実の浸水域がほぼ一致していました。
ハザードマップで予想されていた災害です。
住民がそれを避難の参考にしたか、無視したのか、その検証が関係者には求められます。

大きな川の支流の場合、本流によって支流の流れが妨げられるバックウォーター現象が起きるといいます。
一昨年の真備町の洪水、昨年の川崎タワマンン被害、千葉県茂原などで有名になりました。
今回の老健施設も支流と本流の合流部近くの高台にあり、1階天井近くまで浸水しました。
確かにいくらかの高台とはいえ、おそらくハザードマップ上の浸水域だったと思われます。

改めていすみ市が発行している洪水マップ、津波マップ見てみました。
何有荘は無色の地域で被害予想から外れていますが、予想外、想定外も考えておきたいと思います。

土砂災害のハザードマップと実際の被害についての報道はまだありません。
いすみ市では非常に多くの土砂災害危険指定地域がマップ上に示されています。
千葉市では2019年、マップ上無色・無指定の地域で土砂災害があり、被害者が出ました。
市の責任を問う前に、予想外、想定外を想定するのが生き延びる知恵でしょう。

コロナ禍の最中の避難で、避難所ではソーシャルディスタンスで収容人数が1/3程度でした。
収容を断られた市民はどこへ行くべきか市から指示されたのでしょうか。気になります。
TVでは頑丈な建物や2階へ避難しろなどと言っています。
ひどいアナウンサーは「屋根の上に逃げろ」だって。
その前に「いつの時点でどこへ逃げるか」が必要な情報のはずです。

さて、すごい雨だが我が家は大丈夫かと気になるときに、いつも開くサイトが『雨雲レーダー』です。
6時間先の予想まで表示されますが、天気JPの『雨雲レーダー』は15時間後まで表示されます。
これで大体の傾向は見て取れますが、予想は外れることもあると用心しています。

周囲の川は大丈夫かと見るのが『洪水マップ』 
通常河川ならば水色。危険レベルが河川ごとに色分けされています。
あの川の水位は大丈夫かと見るサイトが『河川水位』
河川名をクリックすると計測地が表示されますから、そこをクリックすると現況が表示されます。

夷隅川は時間50ミリの雨で堤防設計されていると聞きました。今回のような雨なら甚大な被害間違いなしの地域です。
自分の安全を人に頼るのではなく、自ら調べて判断することが大切だと思っています。


★今朝は震度4

地震

今朝はまだ寝ているのに地震で起こされました。
本物の地震はこれからどれほど大きくなるのか、どれほど続くのかがわからず、不安な時間を過ごします。
起震車の地震体験とは全然違います。

雨が降っていました。北九州では50年に1度の大雨だったそうですが、災害レベルの大雨と災害レベルの地震が重なることだってありますよね。
改めて地震対策を点検してみました。

3.11の時は震度5でしたが家具類は固定されており、食器棚の開き戸もロックされて問題はありませんでした。
作り付けの本棚から本がバラバラ落ちた程度の被害でした。
今回は震度4だから驚かされたけど被害はなし。
もっと大きな震度、震度6以上だと冷蔵庫が問題になりかもしれません。

冷蔵庫を壁面に固定するバンドを明日買ってきましょう。
TVは固定されています。電力・電源は自動OFFになります。
停電になっても自動的にいくつかの常夜灯が点灯するはずです。
寝ている場所にタンスや本箱が倒れ込むことはありません
建物は耐震構造ですから、まず安心だろうと思います。

大雨の時はどうか?
十数年前に夷隅川が一部で氾濫したことがあります。
消防がボートで住民を救出したりしましたが、何有荘付近は問題ありませんでした。
広大な水田と荒地が遊水地になるようです。
もともと夷隅川堤防は時間50ミリ程度の雨にしか耐えられないといいます。
それが線状降水帯で何時間も続いたら大氾濫を起こすでしょうね。昨年の台風19号のように。

19号の時は何有荘でも風害で屋根の一部が飛んだりしましたが、南房総や茂原が大きな被害を受けました。
そんな時に大地震だったらどうなるのでしょう。
三密を避けながら避難だなんてまず無理です。
何有荘では籠城というのが基本方針です。
何とかこの場で生き延びる方法を考えてみるしかありません。
その前提で準備をしています。



★里山の水辺に咲くカキツバタ

カキツバタ
   千葉県では絶滅危惧種Ⅰ類というきわめて珍しい植物になってしまった

万葉集という古代の歌集にカキツバタが7首載っているといいます。
 1361番 住吉(スミノエ)の浅沢小野のカキツバタ 衣に摺り付け着む日知らずも
原文の万葉仮名では垣津幡ですから、カキツバタは当時からカキツバタという名だったようです。
 「住吉の浅沢小野に咲くカキツバタ、いつになったら着物に染め上げて着られるのだろう」という歌です。
カキツバタは着物の染色に使う素材で、青く染めた衣装は婚礼衣装にしたのですが、どうにも相手が煮え切らない。
いつになったら婚礼になるのか、その日が判らないと嘆いています。

カキツバタは恋の歌と関連が深いようです。
昔、高1の古文の時間に、在原業平の『伊勢物語』に業平が詠んだというカキツバタの歌を勉強しました。
  ら衣
    つつなれにし
       ましあれば
         るばるきぬる
            たびをしぞ思ふ
“から衣の着物が身になじんだような妻を都に置いてきたので、 はるばる遠くまで来たなとしみじみと思う”
というような意味ですが、各句の頭をつなげるとカキツハタとなります。
即興でこんな歌を作るとは天才だと感じ入ったものです。

もっとも後から学びなおすと、都に置いてきた妻とは古女房じゃないんですね。
業平は天皇の孫でありながら出世の見込みのない中年貴族。
恋の相手は今を時めく藤原氏のご令嬢、将来の皇后候補とウワサの高子。高校生ぐらいの年頃です。
駆け落ち事件を起こすのですが、発覚して強制分離。
都にいるのも気まずくなって旅に出た物語が『伊勢物語』

この歌は三河の八つ橋で詠まれたもので、湿地帯なので橋があちこちに架けられて「八つ橋」の名称となります。
京の銘菓「八つ橋」の由来はここですが、まぁこの話は別口にしましょう。長くなるので。

花札5月の菖蒲も絵柄から判断するとカキツバタですね。八つ橋が描かれています。
尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」も当然のことながらカキツバタです。
カキツバタは日本人の心に深くしみ込んでいます。

ところがそのカキツバタが千葉県では絶滅危惧種。
湿地そのものが経済的価値がないと思われているんですかね。埋め立てられて工場誘致か宅地にかと。
幸いというか、いすみ市には大小の湿地帯があり、しばらくは絶滅危惧種も生き延びるでしょう。


★家庭菜園のソラマメは極上

ソラマメ
    収穫したてを丸焼きで食べるのが一番おいしいと思う

「ソラマメは豆類の中でも連作障害が最も激しく起こる作物の一つです。」だなんてネットには書いてありますが、小さな家庭菜園では連作障害なんて気にしてはいられません。
毎年同じような場所で育てていても問題ありません。毎年、豊作です。
だって地元農家さんは田んぼのあぜ道に毎年ソラマメを植えていますよ。
連作障害とうるさく言うのは何かの陰謀じゃないかとさえ思ってしまします。

一番簡単なレシピは画像の丸焼き
 さやの前後を少し切り落として、魚焼きグリルで数分間、焼くだけ。
さやに軽く焦げ目がつくくらい、あるいは切り落としたさやの隙間から水蒸気が噴き出したらOK。
アツアツをやけどに注意してサヤを開いて豆を取り出して食べます。
塩は要らない。ソラマメの素の味を楽しむ料理です。

茹でソラマメ、ソラマメご飯、ソラマメと新玉ねぎのかき揚げ、ポテトサラダにソラマメなどどれもおいしく、応用範囲の広い素材だけれど、一番簡単で一番おいしいのは丸焼きだと思います。
もちろんオーブントースターでも、直火に網をのせてその上に置いてでもできます。
一度、お試しあれ。