★モクレンもコブシも花盛り

モクレン
コブシ
        上=モクレン(木蓮)    下=紅コブシ(紅辛夷)

寒いですねぇ。今朝は霙(ミゾレ)でした。
海に近い何有荘の地区は温暖で、雪を見るのは今シーズン初めてのことです。

いすみ市では梅が終わりソメイヨシノが花開く前、あちこちに純白のモクレンが目立ちます。
大ぶりの樹に幾多の花を咲かす姿は大変豪華でおおらかな感じがし、背筋が伸びる思いです。
コブシも咲く時期ですが、いすみ市ではあまり多くありません。白モクレンが圧倒的に多い。

車で通りかかるとモクレンかコブシか判別しがたい時もあります。
見た目で大きな花ならモクレンで、コブシはやや小型ですが見慣れないと判別は難しい。

一番簡単な判別法は花の向きです。
モクレンはどの花も必ず天を向いて咲きます。しかも、やや北向きに。
日の当たる南側の方が花びらの育ちが良く、そのためググッと北向きに片寄るのです。

コブシは花の咲く方向はてんでんバラバラ。
右向き・左向き、上向き・下向き勝手に咲いているので、モクレンと区別できます。

モクレンはチューリップのようにカップ型で花が咲き、コブシはパッと展開して咲きます。
咲いた花の形で判別します。
しかし、モクレンでも終期になると展開してしまう。
コブシは1枚1枚の花びらの幅がモクレンよりも狭く、華奢(キャシャ)な感じがします。
モクレンの花びらは大型なのでモッタリしているので区別できますが、慣れないと難しい。

もしも近くでゆっくり観察できるならば、コブシは花の付け根に1枚の葉がついています。
モクレンは枝から花のみなので、付け根に葉のあるなしで区別できます。
ところが花の終期になるとどちらも葉が出て伸びてきてしまいます。

つまり、確実に判別するのは花の咲き始めから盛りまでが容易だということです。
花が終わってしまうと、どこにモクレンがあったかコブシがあったか、まったくわからなくなってしまいます。

今まで花咲かす機会がなく、有象無象(ウゾウムゾウ)に埋もれて暮らすわたしたちにも、年に1度、花咲かす姿を見せることによって春が来たぞと明るい希望の灯をともしてくれます。
よし、頑張って今年こそ花を咲かすぞ決意を新たにします。
春は希望の季節です。



 
スポンサーサイト

★初タケノコまだまだ小さいが

新タケノコ

東京では桜の開花宣言。
全国で一番早かった。
鹿児島よりも高知よりも早く、東京がヒートアイランドであることを、はからずも証明してしまいました。
房総いすみ市の桜はまだまだです。月末ごろでしょうか。

わたしたちが手を入れ、管理している竹林のタケノコを収穫しました。
記録を見ると昨年より半月遅れで、しかも小さい。
いずれも地中に埋まっていますから、すり足で竹林を進み、靴底に当たる触感でタケノコを見つけます。
師匠ともいえる先輩が3本見つける間に、わたしたちは1本見つけられるかどうか。

タケノコはアクがあるので――というのが常識ですが、地中にあったタケノコはアクがありません。
日に当たるとアクが生まれます。
地中から先端が顔を見せるようになると、イノシシなど野生動物に発見されやすくなり、掘り起こされてエサになってしまいます。
タケノコはそうはさせじとばかり、アクを生産して「エグイゾ」 と発信して全滅を防ぐ自然の妙技です。

画像のタケノコは地中タケノコで、しかも収穫後、数時間しかたっていませんからあく抜きの必要はありません。
皮をむくと実体はほんの小さなものですが中身がぎっしり詰まっています。
節と節の間がほとんどありません。
下ゆでして薄味で煮てみましたが、味があまりしみこみません。
一晩、漬けこんだらいい味になりました。
すごく柔らかくて上品な味です。

さて、今朝の外気温は3℃。またまた冬に逆戻り。
1860年の3月24日は旧暦の桃の節句3月3日。
この朝、雪が降りしきる桜田門外で井伊大老が暗殺されました。
だから今日25日は雪が降らなかっただけマシかもしれません。
タケノコが小さいのも、そんな年もあるさですね。


 
 

★ヤブカンゾウ―――春の野草

ヤブカンゾウ若芽
     特徴的な葉の若い芽吹き

ヤブカンゾウはニッコウキスゲの仲間で、その若い芽や花のツボミはすぐれた山菜です。
そのおいしさは野生鹿が証明しています。
日光キスゲ平のキスゲが野生鹿に食べつくされたことがありました。

鹿ヤイノシシ、ヒヨドリなどは美味しいものをよく承知しています。
ヤブカンゾウは野草としては超一流の味です。
と言っても野草独特のニガ味、渋味があるわけではありません。
繊維質が固く,スジが気になることもありません。

野草というよりも、ほのかにネギの味と香り、食感がある野菜であるという印象です。
画像はもう食べられる大きさです。もう少し育った方が量多く採集できます。
地中に小刀を入れ、根元から切り取ります。

この姿のまま食べたい誘惑にかられますが、葉と葉の間に土や汚れがありますから
1枚1枚取り外してよく水洗いします。

鍋に塩少々、水をはって沸騰させ、30秒程度さっとゆでます。
ザルにあげ、冷水で冷やし、水を絞って食べやすい長さに切りそろえます。

さて、そこからはお好み次第。
天ぷら、お浸し、酢の物、胡麻和え、卵とじ、バターソテーなどなど。
鰹節やシラス、すりゴマをまぶしてお醤油たらりが一番簡単ですかね。

画像は酢味噌和え。やや甘めの酢味噌にしました。
切り方はちょっと短めになりすぎました。5cmぐらいで切っても大丈夫です。

       ヤブカンゾウ酢味噌

★春の野の味――ツクシの煮びたし

DSC01306.jpg

先週あたりから、ツクシが芽を出し、今週末はボコボコ出始めました。
もう、あちこちでウグイスが鳴いていますから、春になったのだと実感します。
20日がお彼岸の中日です。季節は確実にめぐってきています。

<ツクシの採集>
  1.ワンコちゃんの散歩道のツクシは避けた方が良いでしょう。
  2.穂先が固く締まっている若いツクシが良いが、丈が短く軸が細いのが欠点。
  3.背が高く軸が太い大きなツクシは穂先が開き、アクが強すぎるのが欠点。
  4.だから若いツクシを多数収穫し、ツクシらしさを味わい、
    大きなツクシは量(カサ)を増やすために採集し、その穂先は切り捨てる。

<ツクシの下処理>
  1.まず全部水洗いで、ゴミや土・泥、雑草を除いてから、ザルにあける。 
  2.ハカマをはずすのが一番面倒な作業で、アクが手指に着くと、なかなか落ちない。
    とっておきの方法が、左右の指先を酢に浸してからハカマをはずすこと。
    これで手指は汚れない。
  3.指先用の残った酢と塩少々を入れたたっぷりの水にツクシを浸し、時々かき混ぜる。
  4.30~60分すればかなりアクが抜けている。浸した水は緑色。花粉の色でしょう。
  5.沸騰した湯にツクシを15秒ほど入れて下ゆでし、冷水にとる。

<ツクシを煮る>
  1.出汁、醤油、味醂、酒、砂糖で味付け。その量はツクシの量によるでしょう。
   今回はツクシ60本に対し、出汁100cc、醤油:味醂:酒:砂糖が大匙2:2:1:2。
    面倒くさければダシ入り麵つゆを利用すれば簡単です。
  2.弱~中火で10~15分煮込み、そのまま自然冷却で味をしみこませて完成。

味付けはやや濃いめが良いでしょう。ご飯のおかずにもお酒のアテにもなります。
削り節をまぶす、玉子とじの具材、ピザトーストの具材、冷奴の添え物などバリエーションは工夫次第、お好み次第。
余った漬け汁は豚コマの煮汁に再利用しました。

春の野に出てツクシ摘み―――これは春の到来を楽しむ昔ながらの日本人のイベントです。
早春を代表するフキノトウに苦みがあるように、ツクシにも苦みがあります。
冬の間に縮こまった体を活性化させるには苦みが良いのだと昔の人は言いました。
ツクシが手に入る環境ならば、ぜひツクシ摘みをお楽しみください。



 

★絶滅危惧種の卵嚢、二種

山椒魚アカガエル
     トウキョウサンショウウオ、       ニホンアカガエル

梅の花が盛りを過ぎ、木蓮の純白の花が咲きだすと、トウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)やニホンアカガエルが(日本赤蛙)が水辺に卵を産み始めます。

トウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)は魚と名付けられていても魚類ではありません。
蛙(カエル)と同じ両生類で、外見はイモリに似ており気弱な生き物です。
頭に東京-とあるのは、最初に東京で発見されたからで、別に東京だけに住んでいるわけではありません。
しかし、東京をはじめ近県各地で数が激減し、千葉県では絶滅危惧種に指定されています。

子ども時代はオタマジャクシで育ち、手が出て足が出ると、尻尾を残したまま近くの山林の腐葉土などに潜り込みます。だから日中に成体を探し出すのはかなりむずかしく、卵が産みつけられた現場を見て、まだこんなにいたんだ、ここにも住んでいるんだと思います。

ニホンアカガエルには、よく似たヤマアカガエル(山赤蛙)がいます。
背中の筋(スジ)模様が少し違うだけですから、日本赤-か山赤-か、判別に苦労しましたが、本当は苦労することはありませんでした。

というのもいすみ市の野山、畑にいるアカガエルはどれも日本赤-ばかりのようです。
山道や畑で出会ったアカガエルは日本赤-だと断定して良いでしょう。

子ども時代はオタマジャクシで育ち、手が出て足が出て、尻尾がなくなりそうな時期に近くの山林、畑の草むらに移動します。
千葉県の絶滅危惧種ですが、いすみ市ではごく普通のカエルです。
ゴチャゴチャ、ピョンピョンいると、つい貴重種だということを忘れてしまいます。

多数いるから安心していると、本当に絶滅してしまいます。
ゲンゴロウ、タガメやミズスマシを探しましたが、いすみ市でももうゲンゴロウは絶滅しました。
タガメやミズスマシも見たことはありません。
農薬が用水路に流れ込み、毒殺されてしまったのでしょう。

クロメダカは下水道みたいな用水路でかろうじて生き残っています。
今の子どもたちは、“メダカの学校“ なんて言われても何のことだか理解できないかもしれません。

豊かな自然、多様な動植物が共生する自然を子どもたちに残すのは現代を生きる大人たちの責務だと思っています。